志乃の新居

f:id:manabitch:20180512163951j:plain
志乃の新居に一家で押しかけ。とっても素敵なこだわりの家じゃった。
f:id:manabitch:20180512164010j:plain
f:id:manabitch:20180512164020j:plain
そごうデパ地下でいろいろ食事揃えてくれたお父さんお母さんありがとう。高島屋フルーツパーラーとか幸せ。
f:id:manabitch:20180512164040j:plain
この後クマの耳が刺さって事件に…
f:id:manabitch:20180512164112j:plain
入学式の朝は楽しく登校。けっこう不審者。
f:id:manabitch:20180512164122j:plain
昨夜急に連絡したのに、朝になって七恵も来てくれた。なんだかんだいつも三人集まる。朝イチでケーキ焼いてきてくれて、そのケーキの中身が液体で、志乃んちでかれこれ1時間近く焼き直したけど液体で、まいっかって食ったらおいしくて、それがすごくデジャブで懐かしくて腹抱えて笑った。完璧に整えてステイタスどやぁ…ってんじゃなくて、志乃と七恵はいつも飾らない日常にすっと招き入れてくれてとても嬉しい。損得なしでお互い会いたいと思える友人がいて嬉しい。


f:id:manabitch:20180512164138j:plain
実家に残してきた雑誌を処分してきた。十代の頃、初めて読み込んだ雑誌「骰子」。創刊は93年の16歳。バックナンバーは遡って揃えた気がする。別冊宝島、骰子、アップリンク寺山修司新宿二丁目、洋書ロゴス、渋谷ジァン・ジァン、渋谷タワレコのWORD、現像液臭い暗い部屋、あの頃の自分をつくったもの。