読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クッシング症候群

一幕のお芝居

f:id:manabitch:20160312173719j:plain
点滴のため入院中のあくびさんに会いに行く。体重は1.6㎏まで落ちてガリガリでもよく尻尾を振る、大喜びで飛びついてくる。昨日は肝臓の療養缶詰を完食できたそうだ。心臓、腎臓、肝臓、副腎、下垂体に腫瘍の疑い。飼い始める時にいろんなことを考えておかなきゃならなかったんだと今になって思う。薬は一度飲み始めるととめどない。自然でいたいからと避妊手術をしないと決めた時のように、身体が小さすぎるから子どもは産まないと決めた時のように、五年前のあの日ももっとよく考えなきゃいけなかった。何をしても、しなくても後悔するというし、その通りだと思う。それでも考えてしまう。自分で決められないからこそ飼い主がしっかり考えて決断しなきゃいけなかった。今もその連続。よく見て、多量の薬や注射、点滴、無理な給餌をする状況なのかどうか決見極めないと。雑音に惑わされず後悔のないように自分で決める。延命だけじゃない自分がされたら嬉しいようにする。あんな暗いとこで檻に入れられて針刺されてる場合じゃないんだ。

manabitch.hatenablog.com