読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オスプレイ

県民大会行きたかった。行きたいってことはないか。前回も暑いし狭いし最悪だった。でもしっかり反対の声をあげねば。おらはオスプレイが100%安全な代物だとしても反対。理由は、この星に軍隊は要らないから。自分たちの安全を脅かされるからじゃない。


第二次世界大戦が終結したのがほん六十数年前。自分の親が生まれるほんの少し前だ。広島に原爆が落とされたのってそんなに最近のこと。それ以降、そのたった60年の間にアメリカはどれほどの戦争をしただろう。朝鮮戦争ベトナム戦争湾岸戦争イラク戦争アフガニスタン戦 他にも数え切れない。


アメリカは軍事産業、石油利権、その他のために開戦のきっかけを用意する。そんなもん戦争より虐殺と言いたい。アメリカの国民が支持するから虐殺が起きるんだよ。そのアメリカに尻尾を振って経済支持するのが日本。基地を容認するってのは、アメリカの虐殺支援だ。


日本に生きていると忘れそうになるけれど戦争は今も起きている。虐殺は続いている。中東で虐殺された女子どもたち。最も屈辱的な死を強いられた。私たちが殺したんだよ。私たちがのうのうと飯食ったりしながら殺したんだよ。


アメリカ同時多発テロ(9・11事件)の報道で「こんな酷いことができるなんて信じられない」と白人女性が吐き捨てるのを聞き驚いた。自分たちしてきた虐殺は酷いことではないのか。湾岸戦争がなければ911もなかったのに。


こう言うと必ず出てくるのが「米兵にもイイ奴はいる」。イイ奴なんて、好青年なんて、旧帝国軍にも山ほどいただろうよ。それでも日本がアジアでやってことは罪だ。個人単位でイイ奴がいたところで、集団としての罪を払拭できるわけがない。生贄を差し出して得た平和なんか要らないんだよ。