2012年 動く

自分のコアを固め遠い世界に出て行く「自分を知る」年。未知の世界に向かい、居場所を造り出す過程で自分を発見し続ける。何かを選択するとき根拠となる価値観はどんなものか。自分の生き方とは何でできているか。それらの純粋な答えが動機となり転居や長旅を選ぶこともある。
周囲の心も熱くするほど躍動感と解放感にあふれた「動く」年。色々な方面から問いかけや要請を受けたり、逆に自ら立ち位置を察せねばならない機会に恵まれる。その中で、既存の手法を超え、共有できる答えを出し応えてゆくことになる。コミュニケーション力が完成されていく。


愛情関係
前半は、閉ざされた心の扉を打ち破るような、熱く激しい関係。後半は、「融合」「まもること」が焦点。恋人が家族に変わり、「かけがえがない」を醸成していくような温かく誠実な流れが生じる。「人の気持ち・心」を建材として自分の居場所が形作られていく。再来年にかけて見つける「自分」は、無限にも思える強さと結びついた「優しさ」でできている。1月半ば〜2月頭、8月、10月あたたかな追い風。「居場所」という意味の愛情は4月〜2013年夏まで育ち続ける。
前半は、情熱的で活発。依存的、受動的なところがなく能動的。上を見上げる姿勢。2月以降は相手の過去や感情の動き、感受性、傷などについて深い関心を傾けはじめる。相手の欠点よりさらに深いところにあるなにかに静かで強い眼差しを向けることになる。激しい情熱と、人の心という水底を見つめる静かな目との両方を起動させる年となる。1月半ば〜2月頭、10月、11月半ば〜12月強い追い風。




一月
年の前半は「関係」。パートナー等と正面からぶつかることで未来の展望が開けていく。
年の前半は「勝負」。年明けは愉快。新たな興味と共に知的欲求を満たす。


二月
「本来こういう人間かもしれない」と新しい発想が湧く。突破口が見えたり行動に出るなど。
出会いや、関係の変化、表面化、もしくは人間力をしっかり使う必要のある関わりに踏み込む。弱さや醜さが威力を発揮。


三月〜四月
体調を崩しやすい。停滞感は四月半ばには解消。積もった矛盾を解消し「予定通り」にこだわらないことで調子を掴む。
対人関係不調。四月半ばには対人関係のもつれがほどけていく。早期解決を焦らず、とことん時間を使うと構えれば光が射す。


五月
居場所や自分を取り巻くものに変化。
新たな好機の兆し。


六月
変化が具体的なスタートへ。ここから2013年の半ばまでに、引っ越しなど環境が大きく変る。遠方に向かう力と、ルーツに向かう力の両方が組み合わされて貴方を動かしていく。
ここから一年間、具体的な好機に挑戦し自分にふさわしい場を勝ち得る活躍期。


七月〜八月
誰かから大事なものを受け渡され「欲」に火が点く。
昨年11月から続いた孤軍奮闘一段落し、広い好機への挑戦が始まる。八月は大きな買い物や、収入の途を切り開く等、貪欲さに火が付き何かを自分の世界にとりこみたいという衝動に動かされる。


九月〜十月
遠出した先で個性が発火。閉ざしていた扉を開かれる。
交際熱が高まり動き回る。十月は「伝える」ことに真剣に取り組む。誠実なコミュニケーションを通して誰かの心を救わなければならない状況に遭遇。先を急がず、心と時間を丁寧に濃い密度で使っていくことになる。これはここから数年をかけて続いていく作業。


十一月〜十二月
仲間や友を得て自由を求める。年末、自分の中にあって自分を押しとどめるものと密かで激しい戦いを始める。コンプレックスや弱さ、過去に閉じ込めたしこりなどに直接手を触れて解放する時期。

身近な人との関係が混乱気味になるが、努力が報われ月末にはいい形で収束する。十二月は好きなことに徹底して労力を注ぐ情熱期。年末は身近な人に頼りにされ忙しく動き回る




以下、参考までに去る2011年後半


2011年は、自分の新しい姿と出会うような恋愛をする。相手との関わりの変化、出会う相手の姿を通して自分に起こりつつある変化を読み解くことができる。6月末から7月に、とても印象的な心に深く響く出来事が起こる。これまでの愛の形が表層的に感じられたり、自分がくりかえしてきた失敗の原因を突き止めることも。過去数年にわたり感じてきた引きはがされるような感じは終わり、力強い融合の世界に入る。
2011年は、11月から2012年の初夏まで開拓者の世界に突入する。誰かに促されたり、運命に任せたりするのではなく、自分で「こうしたい!」と声を上げ、先頭を切って突き進むことによって周囲をも巻き込んでいく。そのための勉強し、研鑚を重ね、力を蓄える年。また、過去6、7年の間、様々な形で闘ってきていた融合を許さない障壁のようなものが誰かとのの関係の中から取り払われる。




五月〜六月
一気に勢いづく。素晴らしいコミュニケーションが生まれる時期。
「外」に目が向けられる。「遠出」の体験が新しいインパクトを与え、熱い目標を見いださせる。


七月
「居場所」に関心が向かう。日常の景色が大きく変わるとき。
とても多忙。チャンスが巡ってくる。思い切って勝負に出ていくとき。


八月〜十月
とても楽しい時期。ワガママを最大限に生かし、周囲を巻き込んで楽しい状況を作っていける。創造性に火が点き、クリエイションに打ち込む。九月からはかなり忙しい。
交流が活発になる一方、過去との接触が。問題点を真っ向勝負で解決していける時期。十月にはコミュニケーションが活性化、そこから前向きなヒントをたくさん得る。


十一月
人間関係が熱くなる。幾人かと「真剣勝負」が生じ、ここから新しく力強い絆が誕生する。
ここから2012年の初夏まで、挑戦の時期。自ら自分の古い限界を突破していく。


十二月
年末、何かが自分の居場所に「根を下ろした」感じがする。「ここが自分の居場所なのだ」と心から思える瞬間がやってきそう。
足場を確認するような出来事がある。基本的な立ち位置を確かめ心を強くするとき。




石井ゆかりの筋トレ= http://www.st.sakura.ne.jp/~iyukari/index.html