記憶の方法

なぜそれほど冷蔵庫から消えたものに過敏なのか突っ込んだところ、おもしろい答えが返ってきた。冷蔵庫の中身は画像で記憶されているんだそうだ。なので、サザエさんなんかでよくある、「戸棚開けたらあったはずのものがなくなってて点滅してる描写」みたいなのが脳内で起こっているらしい。使用前後で間違い探しのような感じだ。


一方おらは、冷蔵庫の中身は箇条書きで頭に入っている。文字でだ。何が増えて消えているかは、すべて持ち出して照合する必要がある。


計算もそうだ。そろばんをやっていたので絵的に計算するらしい。おらは、数字に変換して計算する。「いちいち文字や数字に変換するの大変じゃない?」と聞かれた。おっしゃることは最もだが、そのやり方しか知らない。おらの頭と体が同時に動かせないところとか、反射神経が鈍いのは、こんなところに原因があるんだろうか。


変換してる人、しない人、どっちが多いのかな。おらがよく言われるのは、「左脳にダメージを受けたら、かなり生き難いことになるね」だす。