読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰宅して

果樹園のまひる

飛行機到着前に、空港まで迎えにきてくれた。珍しいので驚く。送られてきた、田んぼに立つおらの写真を見たときに、もう帰ってこないと確信したんだそうだ。まだ家のローンも終わってないのに帰らないはずがないよ? どきんさんは一度脱走したそう。あくびさんは、しっかり薬を飲んでまだ生きていた。帰宅後、伝言付きの土産を渡し、洗濯機をまわし、和子さんのお茶を入れた。きれいな緑だった。


夜、「預かった生活費を残してあるから飲みに行こう」と誘ってくれた。ほんとうに、かなり切り詰めていた。家事を一人でこなして初めて、おらの言っていたことや大変さが分かったそうだ。すばらしい! こんな特典が付いてくるなら、半年に一度くらい旅に出たいと思ってしまった。

翌日、昼は土産のらーめん。すごくおいしかった! もっと買ってくればよかった! 荷物さえなければなー! 夜は、「しぶいとなーべらーんぶしー」をつくってくれた。土産の南関揚げを入れた味噌汁に和子さんのお茶、マンゴー。裏に「やうやう」の文字のある器を、美歩さんからもらった器と並べる。グラスはファインダーからもれちゃったけど、志乃から新居祝いの美濃焼き。茶碗は一昨年の陶器市で入手したもの。こうやって卓上の物語が増えていくのは楽しい。


庭は畝をつくり、苗と種を少し入れた。変な時期になっちゃったけど、育てばいいな。そう、帰宅したら、営農支援課から手紙が届いていた。そこには、「選考会議において、貴殿は【果樹コース】受講生に決定しました」の文字が! 農家ジュニア用講座かな? と思いダメ元で応募したので嬉しい!! 短期間だけど、県立の農大に通えるのも嬉しい!! 少しずつ動き出そう!