見えない配達夫

果樹園のまひるは、茨木のり子の「ぎらりと光るダイヤのような日」より。


茨木のり子の「見えない配達夫」を読むとわくわくする。この配達夫と共に生きてゆきたい。

見えない配達夫


三月 桃の花はひらき
五月 藤の花はいっせいに乱れ
九月 葡萄の棚に葡萄は重く
十一月 青い蜜柑は熟れはじめる


地の下には少しまぬけな配達夫がいて
帽子をあみだにペダルをふんでいるのだろう
かれらは伝える 根から根へ
逝きやすい季節のこころを


世界中の桃の木に 世界中のレモンの木に
すべての植物たちのもとへ
どっさりの手紙 どっさりの指令
かれらもまごつく とりわけ春と秋には


えんどうの花の咲くときや
どんぐりの実の落ちるときが
北と南とで少しずつずれたりするのも
きっとそのせいにちがいない


秋のしだいに深まってゆく朝
いちぢくをもいでいると
古参の配達夫に叱られている
へまなアルバイト達の気配があった