地震体験記

昨夜は残業後、同僚宅で焼肉をした。年長の特権ということで、若者に準備もろもろ任せ、ビール浴びながら肉食う。自宅にテレビがないため断念していたバンクーバーオリンピックも大画面で鑑賞でき(ハイライトだけど)、真央 ちゃんにあの選曲は早かったんではないかと語らった。みんなで肉をつつくのは楽しい。家族や同居人がいると忘れがちだが、人と共に飯を食ったり飲んだりできるのは、非常にありがたいことだ。気分もよくワインをビンでぶがぶ飲み、空けばその辺の梅酒を詰めこみ、腹が破裂寸前で落ちた。三時過ぎに目を覚ますと、みんなでマリオやっていた。私はそこでおいとますることにし、大酒飲んで一人つぶれていたことを詫び、帰宅した。歯を磨いて顔を洗ってすぐ寝た。多分四時二十分頃。


眠ったと思った瞬間、揺れで起こされた。初めは地震程度で自分の目が覚めたことに驚き、「あー揺れてんなー」と思いながら寝ていたし、わざわざ起きる気もなかったが、台所からガシャンガシャン聞こえだし、室内外でも大きな音が鳴り出したため飛び起きた。縦揺れとか横揺れとかは分からんかった。幼少時からあんなに繰り返し避難訓練をしてきたのに、机の下に隠れたり、ガスの元栓を締めたり、逃げ道を確保したりなんてこと一つもできなかった。私が唯一したことは、犬どものハウスに行き、「大丈夫だよ〜」とか言ってたくらい。何が大丈夫なんだか。多分まだ酔ってた。というか就寝中は大概酔っていると思うんだが、夜災害あるといろいろな意味で怖い。


長い揺れがおさまり(揺れている間、台所がガシャンガシャンいい続けるから、余計長く感じた)、奄美大島に滞在中の方から電話がかかってきた。奄美の震度は3、那覇震度5弱マグニチュードは6.9らしい。「マグニチュードとかよく分かんね」と言ったら、阪神大震災マグニチュード7.2だと教えたれた。地震マグニチュードは、揺れではなく大きさで、0.1上がるごとに約1.4倍ずつエネルギーが大きくなるらしいんで、阪神のは今回のの4.2倍かー恐ろしい。いくつかのSNSで安否確認したが、みな被害はないようだった。我が家は四階なので、少し被害がでかかったよう。こんなに差が出るものなんだな。職場は七階なので機材が少し心配。


朝方に安否の確認連絡をいろいろいただき、まだ眠いし酔っているけれど、片づけを開始。室内は、大鏡が倒れたのと、近々読もうと積み上げていた本が崩れた、PCが倒れた、厄払いの札が降ってきた程度。台所はひどいもんだった。シンクの上に棚があり、そこに調味料からグラス、ビンなどいろいろ置いていたところ、それが落下。一度シンクで割れ、そこから飛び散ってさらに床で割れているらしく、広範囲に渡り粉々に。昆布入れてあるビンも割れ、ガラスの中に落ちている昆布たち・・・ もう使えないかな・・・ ミキサーは落下していたけど無事だった。割れたものの中に、なかなか会えない人からいただいた琉球ガラスがあり、それを失ったのがとても痛い。そしてさらなるショック! すでに絶版で、アマゾンユーズドでやっとこさ手に入れた本、便器の中に落下してた! 泣きそう!


とりあえず現在は、ガラスの破片だけ片した。どちらかというと、部屋の惨状より、昨夜暴飲暴食した私の胃袋の方が重症。昨日から暴風だし、これから雨振るそうなので、被害が出た家は大変だ。今振り返って思うのは、あの時帰宅しなければどうなっていたんだろうということ。地震が五時半だから、あと一時間ちょっと遅ければ、帰宅してもいなかった。学んだことは、高い場所に割れ物を置かない、浴室に大事な本は置かない、ドアはすぐ開ける、遅くまで飲み歩かない、くらいか。もう揺れませんように。