読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始

クラブイベント、クリスマス会、余興練習、忘年会、納会などなど、ひっきりなしだった年末。例年通り。クリスマスは無くなればいいのに。世帯主になってからというもの、十五年近く頑張ってきた大掃除を初めてさぼった。年賀も手付かず。やさぐれていたところ、年末に急遽帰ってきた方がさっくり片付けてくれた。助かった。食事したり、年越しそばをいただきにお邪魔したり、お世話になった店にご挨拶にまわったり、お年賀つくったり、寿司や正月料理をいただきに再びお邪魔したり、初詣行って厄払いして、佐堀と鶴さんが来て、香奈子と母上も来て、飲んで飲んで海洋博行って、あっというまに正月終わった。仕事始めは、新年会もそこそこに、いつもの焼肉屋でお別れ会。この冬は、肉屋通いすぎ。明けて朝、奄美に帰っていった。


で、昨年の目標達成できてないし、引き続き早起き、そして今年の新たな目標は節約。まっすぐ生きるために、めぐりめぐって節約自体も、節約する習慣も必要になりそうだから、まずはこれを。そして早く土台を作って、一日も早く一歩踏み出すんだ! 幸い家計簿も続いているというか、意外と好きぽいこういうの。付け始めて分かったことは、私の使ってよいマニーは稼いだ額だと思っていたんだが、違うじゃんね、稼いだ分丸々使っちゃだめじゃんっていうのが分かった年初め。


私はぬるま湯につかっているのを知っている。そして、私はそれを恥ずかしいと思っている。私のしていることは、ままごとのような生活ごっこだ。目の前のことに、それなりに必死になっても、それは生きるために本当に必要なことじゃない。でも今の私は、生活ごっこしか知らない。矛盾のないよう生きようとした時、自分に足りないものがどれほど出てくるのか想像もつかない。だからそれなりに、慎重に、そして大胆に、一歩ずつ進め。