ガンガラーの谷

同僚さんズと犬どもと、ガンガラーの谷へ。行きがけにJefのゴーヤバーガーで充電完了。ほどなくして無事到着。ここは、鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる森で、約一万八千年も前に生きていた港川人の居住区だったのではないかと言われている。インドネシアのワジャク人と類似していることから、海に沈んだスンダランド(タイ湾から南シナ海へかけての海底)からやってきたワジャク人が琉球に定着して港川人となったのではないかとのこと。件の武芸洞は最終地点だったが、確かに住み心地が良さそうだった。夏は涼しく、冬暖かい。風通しは良く、雨をしのげ、川も流れている。立派な家だ。ほか、大主(ウフシュ)ガジュマルや、ガジュマルの上のツリーテラスも良かった。その後、芝居茶屋にらい☆かない劇場で遅めのランチ。