需要

私の思想を殺してまでも、人と過ごす価値はあるだろうか。私が一番大切にしているものを疎まない人などいないのに。私の本当のところなど誰も要らないから。また繰り返す。バカっぽく振る舞っていれば人は喜ぶ。そして需要はそんなところにある。