胃カメラ

二月十六日 月曜日
勇気を奮い立たせ、胃カメラの予約をした。早めに帰宅し、夕飯の買い物。具たっぷりのボンゴレを四人前ほどと、いつものみそ汁でいただいた。二人でペロッと完食。ビールがどしても我慢できなくて、コップに半分だけもらった。こういう時間帯で生活できるのは素敵だなあ。


二月十七日 火曜日
朝から豊見城の高橋クリニックで胃カメラ経鼻内視鏡で挑戦することにした。先生は優しそうな人だった。問診して腹部のレントゲン。骨盤と背骨の歪みっぷりは非常に衝撃的。カメラは普通に痛いし気持ち悪かったが、一時間ほどで復活できた。結果は、食道から十二指腸まで、とてもきれいですということ。写真も見たがきれいだった。これで疑っていた逆流性食道炎でもないことになる。ストレス、運動不足、便秘、歪みに気をつけましょうってくらいだ。私健康なんだな。


二月十八日 水曜日
仕事の後、麦麦で辛もやしラーメン。そのまま閉店まで話しこんで、楽しく帰宅したのに。のに! どきんさんが脱走していて、というか私が窓閉め忘れたから悪いんだけど、部屋が粗相だらけで、夜中まで泣きながら掃除した。そのままキッチンも磨いて気付いたら四時過ぎてた。とほほ


二月十九日 木曜日
朝っぱらから打合せで、ナイチャーナイチャー言われて凹む。私は混血だからか、アジアよりの顔が余計ナイチャーらしいんだろう。飲んでても、取材に行ってもいつもナイチャーナイチャー言われる。でも、それはいいんだよ。事実だし、帝国軍が沖縄に対してしたことを思えば、そう言われて当然だと思っている。だから受け止めているよいつも。でも、仕事上で同僚に言われるのは違うだろうと。そんな生まれ育った場所をハンデのように言うのは卑怯じゃないか。何年ここにいたってうちなーんちゅになれないことくらい知ってるよ。


二月二十日 金曜日
うちなー家で撮影後、打ち上げにちょこっと参加。帰宅し、ビール片手に語らってたら、香奈子もやってきていろいろ話した。私に言われるとムカつくことも、第三者に言われるのは良いそうだ。ありがたや。


二月二一日 土曜日
昼から香奈子とうちで話し、新都心へ買い物。チュフディで誕生日の贈り物を購入し、またまたカフェ Tidaへ。うちらにはというかオイラにはあんま似合わないけど落ち着くんだここ。いっぱい語り合い一旦解散。智ちゃんの誕生日を祝いに、D-panicへ。いつものみなさんや、空に会う。


二月二二日 日曜日
待ちに待ったサーカス。サーカスほど待ちに待ったって言葉が似合うもんないだろうと思う。たくさん笑って驚いて、鬼さんで飲んだ。