新潟より

十月十日 金曜日
聡子とあゆみ嬢が来沖した。ぶらんきぃで再会。ビールと土産の越乃寒梅、旨〜い芋焼酎赤霧島」、しまーを、気の向くまま交互にぐびぐび。うん、幸せ。遅くなった誕生日を祝う。香奈子、操、暁ちゃんなんかがいて、楽しい誕生会になった。注文してあった銘入りの石畳を、リキャールドパリからぶらんきぃに運び出す大作戦は、香奈子が独り決行。サプライズが苦手ないずみと昌子も奮闘。定番の「みんなでたんじょうび」も一際冴えていた。この歌だい好き。

きょーうはっ とーしこっのたんじょうび〜
みーんなーで あつーまあって いっしょにおめでとう〜
いーくつ いーくつ いくつになったのっ
三十路〜


十月十一日 土曜日
翌土曜日。昼前に集合し、四人と二匹で北上。花人逢で撮影会し、でかいピザをがっつく。その後海洋博公園へ。二人がちゅら海をたっぷり堪能している間、香奈子とエメラルドービーチまでぶらぶら。吹き荒れる海風の中、いかにして煙草に火をつけるかに燃える。そして南下しぶらんきぃ。だいちゃん、米村、内田、暁ちゃんがいた。聡子らと昔話などで熱くなってしまい、食べることを忘れる。こっちーに久々にあった。嬉しい言葉をもらった。翌日十時のフェリーに乗ることになり、慌てて解散。



十月十二日 日曜日
朝、最初に集まったのは香奈子。三日間フルに付き合うなんて、感動してしまった。みんな揃って久高島へ。いつものけい食堂で飯を食う。相変わらずおばちゃん絶好調。あくびさんのことを、アトピーと呼ぶ。聡子曰く獣道を通り、聖地クボー御嶽(の入り口)へ。立て札ができていたから中に入るのは遠慮した。軽く脱水症状ぎみで帰りのフェリーに乗り、懐かしのニライカナイ橋を抜けて、八風畑で黒糖ぜんざいとオリオンビール。ぶっちゃけると、ビールが旨すぎてぜんざいが霞んだ。ここはなんと犬禁止。沖縄の屋外テラスで初めて禁止だった。きっともう行くこともないだろう。いやしかし、同じく禁止なカフェくるくまによく行っていることを考えると、普通に寄っちゃうな。斎場御嶽に立ち寄り、識名のゆたさんのところへ。聡子を待ちながら、みんなと色々語る。なかなか楽しい時間だった。



最後の晩もやっぱりぶらんきぃへ。じゅーしーからおにぎりから手当たり次第食う。聡子は、昔ムーンシャイナーで、おらが知り合った占い師に、今と同じように転機となるようなことを言われたんだそうだ。うっすらと思い出した。縁とか波って人が思うよりずっと重要なんだろうな。それなりに最終日って感じでみんなでわいわい。妹がたくさんいて幸せだよ。最後にはなんと、大綱引き帰りの操が登場。みんなの分ちぎってきよった! 人ごみに躊躇して移住後一度も参加したことなかったからかなり嬉しい。客人よりも喜んでしまった。


十月十三日 体育の日
朝空港まで見送りに行った。たっぷり遊べて楽しかったな。もっとなんもしなくても、話してるだけで楽しいのかもしらん。早起きしてお腹空いたから、家に戻ってそーみんちゃんぷるーをつくってってもらう。仮眠とって、奥武山の那覇祭りへ。目当ては台湾屋台街。片っ端から買い込み、芝生に座って食いまくり。人が通る度に、犬どもがご乱心で参る。あーあ。台湾行きたい。すごく行きたい。犬をなんとかしないとってことで、新都心に移動してペットボックスで躾け用のおやつを物色。トイザラスでは七恵の出産祝いを。その後、decker's cafeでコーヒー。あまり落ち着かないカフェだった。晩御飯は手抜きして、丸大のてびちと海苔巻。屋台で買った粽は、翌日の朝ごはん。この日を境に食欲が暴走。秋がくるんだな。