財布

先月の旅で、大破した財布の代わりに、コンビニのビニール袋を使用し始めてからひと月・・ ちこっと早めの誕生日が聡子から届いた! 毎年酒だったもんで新鮮だ。前の韓国財布を二代で十年近く使ってたから、新品はまだ違和感。でもがま口の希望にも答えてもらったし! あゆみ嬢と二人で選んでくれたらしい。大変だったろうなー探すの。気に入ったよ。ありがとう!



昨日はウンケーだった。島人は午後からなんとなく落ち着かず、みんな急いで帰っていく。残業してると遠くでエイサーが聞こえる。祭りなのに自分とは無関係。こういうの寂しいもんだ。とても真っ直ぐは帰れず、じゅーしぃを食しにぶらんきぃへ。いつものふーちばーじゅーしぃだけど、ウンケーに食べればウンケーじゅうしぃだ。同僚さんも三人顔出してくれた。久々に会うオカマが数人。寂しい思いもせず、旨いもん食って飲んで騒げた。いい夜だ。昌子が母と一緒に父さんを迎えた話を聞いて、盆て素敵な行事だなと思った。生まれてこのかた迎える状況になったことがないから、いまいち知らなかった。そう思うと、家ってのは代々受け継がなきゃいけないもんに思えてくる。だって父さんや母さんはどこに帰るんだ? 私を探してくるんじゃなくて、やっぱりあの家に帰るんだよな。明日はウークイ。エイサー観るどー。