読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

そうか。なんで今までこんなこと知らなかったんだ。自我と孤独を持って生まれるっていうじゃないか。だからこんなにも土に還りたいんのか。還りたい。土に還りたいという思いは年々強くなる。あたりまえのことなんだよ。みんな持ってるんじゃないか。なぜ理解されるだなんて思い込んで生きてきたんだろう。これほどおめでたかったとは。辛い辛いって泣きながら叫ぶ奴の、言ったもん勝ちでいいじゃないか。大騒ぎしてる奴が一番可哀相ってことでいいじゃないか。世界一可哀相な私なんて死んでも思えない。無難に生きてるから私は。言葉に顔に態度に出せずに傷つく奴だっている。そんなことなんで知ってもらう必要があるんだ。浅ましい期待だ。でも近しい人はそこまで見えるんだと思ってた。ひとい勘違いだ。悲しむことでもなんでもなく、普通だ。普通のこと。ちびっと大人になっただけのことだ。変な勘違いしたまま生きてくよりずっとよかったんだ。

なぜ知らなかったかといえば、昔はもっとずっと、人との距離を保っていたからだ。あえてそうしていたわけじゃなく、家族と呼べる人がいたから、優先順位的にそうなっていただけだ。本質は変わらなくとも、時間が足りないということにずいぶん助けられてきたんだろう。ここ最近、自由に動ける体が欲しくなり、手に入れて、思う存分動いた結果がこうだ。こんなに勘違いしてしまうほど、いつの間にか調子に乗っていた。これも単に言い訳で、主な理由は私のおめでたさなんだが。