敵意

負かしてやりたいとか、負けねえとか、そういう敵意を無駄に向けられる。ずっと昔からだ。これ苦手だ。それならいっそ普通に嫌ってほしい。無理やり土俵に引きずり上げないでほしい。上がらないけど。


小さい時から勝ち負けが嫌いだった。みんなで仲良くとか、平等にとかじゃなく。負けることにも勝つことにも興味がないのに、どうやって楽しんだらいいのか分からないだけだ。負けるのが怖いとか、勝っても負けても恨みっこなしでーとかそういう気持ちも全体的に分からん。アニメとか漫画見ても、スポ根系はさっぱり理解できない。負けるのがこんなに悔しいなんてーって泣くところとかさ。脳内のなんかが足りてないんだろうな。今は大人だから、適当に受けて、適当に楽しんでるふうに見せられるようにもなったんだけどさ。カードゲームからスポーツに至るまでなんにも本当は楽しくない。まして敵意なんて要らないにも程が。私だって嫌いな奴は嫌いだし。だから私を気にくわない奴は、勝手に嫌ってくれればいいのに。なんで変な対抗意識を持つんだよ。私は嫌いな奴のことなんて考えたくもなければ、関わりたくもないんだが。


つくり笑いが上手くなってく気がする。敵意はありませんよって、そう思ってほしくて、それでもまだゃ十分威圧的なんだろうが、努力はしてんだこれでも。人のせいじゃなくて、自分が無意識とはいえ偉そうなのがいけないんだろうなきっと。でもさ、負かしてやりたいなんて思うってことは、嫌いなんじゃねえのって思う。そんなら、私は信頼してるやつに実は嫌われてたってことでいいんだよな。それは悲しいことだ。そういう人は何がしたいんだろう。私が悔しがれば、泣きだせば満足なのか。泣くなんてたいしたことじゃないのに。どこでも誰の前でも恥かしげもなくできるよそんなこと。そうして仮に私が地団太を踏んだとして、それ見てなんか楽しいのか。全然理解できない。対抗意識だなんて勝手なこと言ってくれるが、思ってくれるが、大切な人にそうされた時の私の絶望なんて誰も知ったこっちゃないんだよな。


いろいろ思いだす。いつも思ってた。この関係を大切にしたいから、つまらない対抗意識を持つのはやめてくれって。祈るようなすがるような気持ちで思ってた。だって終わっちゃうじゃないか。そんなこと思われたらさ。私は誰にも勝ちたいなんて思ってないから、白旗なんかいつだって大喜びで振ってやるから、敵意なんか持たないでくれ。そんなもんがあるせいで、誰とも本当に親しくなんかなれない。大喜びで尻尾ふってるのに、噛み付く隙を伺われているような関係にどんだけ失望してきたと思うんだ。こいつには負けたくないなんて感情、持ったこともないんだよ。せいぜい、肩を並べて歩くなら、せめて恥かしくないようにしないとってそれくらいで。冷静ぶってるとかじゃなくて、純粋に勝敗を楽しむ心を持って生まれなかった、そんだけなんだよ。持っているやつに憧れたよ。誰と遊ぶにも、それを持ってないせいで苦労してきたんだから、もういいじゃないかほっといてくれ。

広告を非表示にする