悲しみ

悲しみに憑かれた。何が原因てわけでもなく、これといった症状があるわけでもなく、でもなんとなく分かる。抜け出しようもない悲しみに憑かれた。こんなもんなのかもしれない。むしろ三十年もお気楽極楽にだらだらは生きてきちゃったのがアホみたいなことで、こういうもん、むしろ遅すぎるくらいなんだろう。お気楽だったのは、自惚れが強すぎたせいだ。きっともう戻れない。これが人並みに年をとるってことなんだろう。まあそう思えばめでたいというか、おめでたいですよほんと。やっとこういう視点も持てたってことで、ここからまたなんか変わるだろう。この程度で孤独だと言えばちゃんちゃら可笑しいし、逆に孤独じゃないとでも思ってんですか何ておめでたいとも思う。