距離

お互い何となく好感が持てるということと、私の内容をより良く知った上でそれを許容してもらえるのは全くの別物なんだってことを分かっていなかったらしい。そもそもなんとなしに好感を持ってもらえることが稀すぎて、さらにその上があるなんて全然気付けなかった。考えてみれば当たり前だ。私の本当のところなんて、誰が用があるんだ。適当に便利で頼れて当たり障りないからこその需要だ。それ以上のものは必要なければ興味もあるわけがない。なんで勘違いしていたんだろう。こちらを向いて笑ってくれた人は、ちゃんと内側を見てくれたんだってなんで思い込んできたんだろう。そんなことあるわけないのに。自惚れが酷すぎる。何度も傷ついてなぜ、何も見ようとしない相手が原因だと思っていたんだろう。向かい合ってもらっていると思い込んでいた自分こそおかしいのに。一人で勝手に腹を割って、正面を向いて、一方通行なことに気付き、絶望し、なんて迷惑なんだ。もうやめようこういうの。望まなければ求めなければ悲しいこともないじゃんか。私がそんなことを言うと思うのか?考えると思うのか?そんなことよく言ってた。本当に驚いて聞いてたんだけど。でも、人にとっちゃ知らねーよそんなことってことじゃんな。そりゃそうだよ。知らねーよ。とんちんかんなこと言われる度、はあ?って思ってきたが、普通なんだよそれで普通。なんとなく私に好感を持ってくれている人が少しいるだけでもありがたいこっちゃ。それで、そういう人を大事にしていれば、私のように言いたい放題やりたい放題ってわけにはいかないわけで、そうやって協調性とか育ててけばいいんだろ。丸くなるつーの? 楽しい人生だねこりゃ。