人との関り

それが良いこととか悪いこととか関係なく、利己的なものは個人的に苦手だ。人は誰かの駒ではないし、利用されるためにあるものではない。誰だって使われること、なめられることは、面白いもんじゃないだろう。私って人間が好きな奴が真剣に私を頼ってくれば誠心誠意向き合うし、片手間に駒とされれば、向き合う気はおきない。それは私が親切でも、面倒見が良いわけでも、善良でもないからだ。私は単に仁義は重んじたいし、見せかけだけの仁義なぞ見抜けるし、必要としていない。要はその程度で頼られてると自惚れるようにはできていない。それは、私と真摯に向き合ってきてくれたたくさんの人によって自然と養われたものだ。頭なんか使わなくとも、本物を持っていれば、偽物が自然と際立ってしまう。簡単なことだ。

駒は一方通行すぎる。真っ直ぐに向き合えば、頼られると同様に頼るようになり信頼が育つ。持ちつ持たれつ。そうなった人間が、自分にとって大切だ。そしてそれはどんな時からでも始められるし、やりなおせる。例えば社会でも。全く同じ苦労や作業をしても、皆でこの波を乗り切ろうとする意思と、いかにこいつを上手く使うか(活かすかではない)という意思のどちらが強いかは、自然と伝わってきてしまうものだ。

私は正当化をしないことがとても好きだ。口先で正当化しようがしまいが、事実は事実としてそこにあるし、見る人が見れば分かるのだから、それほど滑稽に映るものはない。逆に、誰が聞いても邪な心境を真っ直ぐ伝えられれば、それは受け止めるべきものだと思える。正論を投げつけあって論破できた方の勝ち。その関係にどれだけの意味があるだろう。それは私がある程度中年になったから思えることであって、自分がしてきたことを振り返ればもちろん脱力する。正当化は始めると止まらなくなるし、止まらなくなればそれ自体を自己認識できなくなる。自己欺瞞に育つから。人を都合よく使うこと。その行いを、自他共に欺き、正当化すること。そこに陥れば、上手く取り繕えていると思う者は本人だけだ。それを体験してきた。ここまで分かっていても、いつかまた同じことを繰り返してしまうのかもしれない。だから、何が正しいとか誤っているとかそんなことはどうでもいい。ただ事実は事実としてそこにあって、そういう波に飲まれ、いつか気付く。そして繰り返す。繰り返さないように努める。それは自分の中だけで起こっていることではなく、いつも誰かを巻き込んでいる。そして、傍からは冷静に見えている。それだけだ。


関連記事
他所様の目という滑稽=http://d.hatena.ne.jp/manabitch/20070903/