風邪

風邪を引く。起きたら喉が赤かった。一年以上ぶり。記録が止まっちまったよ。余裕で新記録だったしちと残念。だが理由を並べ反省なんかできんくらい無茶が続いたし、なるべくしてって感じだな。ちーん。


そして一般的なやつなんだよ。リンパ暴走→沸騰の偏ったやつばかりだったもんで、微熱、くしゃみ、鼻水咳、喉の腫れ、頭痛、悪寒、関節の痛み的な軽めのオールインワンパックってすげー珍しい。ちょっと楽しい。風邪薬のCMみてえだ。あがる! 家中ゴソゴソ漁ったら、風邪薬を発見。使用期限切れてるけど問題ないのかね。こんなもん飲みたくないが、仕事の詰まりっぷりを思うと折れたほうが早そうだ。しかし目白押しのイベントの合間を縫ってくたばるとは、私の身体も空気読めるようになってきたじゃないか! なんかそれが嬉しいな。一体感ていうの。頭と身体が自己主張しすぎてないっていうの。丸くなったのかね。いいねいいね、とか言ってる場合じゃないけど。飲ま飲ままで期限は四日。犬様お散歩休んでいいですかー?


翌日。昨夜は早々に帰宅し、ゆし豆腐と葉野菜と根菜を煮込み、生姜とこーれーぐーすを山盛り入れた謎飯を食した。いつものように我慢大会ばりに着込み布団へ潜る。久しぶりにわけの分からない夜を過ごした。


覚醒したら酷い時間だったので半休を貰う。その後、生存確認の電話が入るは、そっと食物を差し出されるは、帰り際にいつでも呼んでくださいと言われるは、優しいなあみんな。日頃から、独り身の中年というネタを好んで使っていたが、やりすぎないようにしようと反省。ありがたやありがたや。してもらうばかりじゃなく、私もきちんと周りを見よう。中年にしてはどうも情けないことだらけだ。


生きていれば、仕事でもプライベートでも酷く惨めになることが多少はある。そんな時に周りにいる人達が優しすぎて、惨めになんかなりようがないんだよないつも。どんな時でも誰かしらから、絶妙なタイミングで救われる。そういうものを誰かに返せているのかといえば、できていないだろうきっと。だからもっとちゃんと周りを見ていなくては。今年に入ってからよく思うことは、丁寧に生きたいなということだ。丁寧に何かをするということはとても苦手なんだが、丁寧に生きていきたいなとよく思う。