禁煙日記

ふと煙草をやめてみた。と言ってもまだ三日目。飢えることが好きだ。食事に睡眠に人肌に、限界まで飢えている時は、生きてる感覚が研ぎ澄まされる。愛情にだけは、どうやっても飢えられないんで、というのは親から貰ったもは一生かけても崩れないほどのもんなのに、更に友人に恵まれすぎちゃってるんで、他の事で飢えてみるしかない。煙草はだらだら吸い続けて十二年。特に依存していると感じたことはなかった。というか、何にしてもなかかな依存しない体質のようだ。しいて言えばweb、というかwiki依存度はかなり高いな。煙草をやめる必要を感じないから吸ってきた。ふと禁煙とかちょっと楽しそうと思ったらやってみたくなってしまった。何かに飢えることが好きだ。でも、飢えも感じないだろうきっと。仕事で詰まった時と、酒が入った時は欲しくなるな。まぁどうしても禁煙したいってわけじゃないから、吸いたくなったら吸うか。

やめたほうが良いことは良いんだけどね。私は自分の体のウィークポイントをなんとなく分かっていると思う。汗をかけなかったりと、代謝や腎機能を含め体内のものを排泄する機能が非常に弱いのと、骨組みが微妙なのと、首・喉が弱いことだ。それ以外は概ね健康。この三つは特に人や医者から言われたことではないが、三十年も付き合っていればなんとなく分かるものだ。だから頭で考えれば禁煙も必要なんだろうきっと。今のところ健康すぎて、いまいち危機感が持てない前厄突入したこの頃。

実はもっと前に始めたんだが、勝巳たちと朝まで飲んだ時に吸ってしもうた。五時間以上の飲み限定で二本までは可とかにした方が続きそうな予感。


追記 一月の終わり
勝巳たちの翌日会社の飲み。三時くらいまでだらだらと二軒。前回ので酔ったままだったんで、飲み始めてすぐ欲しくなりもらい煙草。一本吸ったらいらなくなった。その後は、家飲みでも外飲みでも吸ってない。むしろ飲みよりシュバルツ大奪還作戦の時に、脳汁出すぎてかなり吸いたかったが、やめといた。話が盛り上がってきた時とかに、まぁ落ち着け的な一服が習慣化されているらしい。でも、瞬間的な欲求なんて、継続的なやつに比べたらなぁという気はした。

そんなこんなで、十日経ったと話してみた。一月過ぎた頃に、毎晩夢にみるよと言われた。頻繁にみる夢が既にあるから平気だろうと思うが、一応楽しみだ。むしろ、我慢は良くないよ〜とか、お酒の席では良いのではとか、甘い言葉がっw 負けるな自分。