読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年忘れ!

年忘れ、ブランキーでいつもの面々。やっぱり楽しいねこれが。翌日我が家で香奈子と、バジルの間引きも兼ねジェノベーゼに挑戦。プロセッサーじゃなくミキサーだったせいで軽く苦戦したけれど、結果は上々。このままバジル育てていくならすり鉢があっても良いかもと思った。操さんも呼んで、たっぷり茹でたパスタをペロンと平らげた後には、お持ち焼いて、お善ざい湯でて、番茶と煎餅と蜜柑で、野田秀樹のキル観賞。どうも和で〆たくなる。しかし、どんだけ食うのか。この季節は、湯気の出るおやつがたまらなく好き。こんな風に皆で作って食すのって面倒くさいかと思っていたけれどさ、いいね。楽な面子だからかしら。


翌日も勢いに乗って、洋物に挑戦。クリスマスだし、大皿に香草焼きと明太サラダと林檎シナモン、なんかコジャレだチーズ、フルーツなどを盛り合わせ、ベーコンとトマトと野菜のスープと白ワインとセッティングしてみた。洋汁って味噌でも醤油でもないしどうすんのー;としばらく悩んだが、あるものでなんとかなったぽい。毎日はアレだけど、たまには新鮮で良いかもー。そして鶏モモの香草焼き旨すぎだ!あるものでやってもできるんだなぁ。余りもののケーキも平らげたし、今日の〆は御手洗団子にしよう!


一昨日、忘年会の〆にとても嫌な事があって、話が通じないって一生ものなんだなって改めて思った。怒りでふーふー言ってたけれど、私には話を聞いてくれる人がいて、なんとか守ろうとしてくれる人がいて、なだめてくれる人がいて、そんなこと忘れちゃうくらい楽しい時間を共有してくれる人がいて、幸せだなーと改めて思いました。話の通じない人とは極力関わらぬよう、今までもそうしてきたけれど、更に気を引き締めて、自己防衛に努めたいと思います。そう思うのは、例えば私が何度も何度も一生懸命話してきたことを、十年経ってやっと理解してくれた人もいたりするから、いつかは伝わるのかもとかいう幻想持ちがちだったけれど、それは単なる幸運な例で、一生お話にならないことは普通にあるのだと良く分かった。こんな事言いたくもないけれど、何か勘違いされているようなので、もし未だにしつこくここを見ているなら、はっきり言おう迷惑です。二度と連れてる奴らには絡まないでください。見てないならそれで結構。どちらにしてもこれに対するレスポンスなんて要らない。


お年賀も書き終わったし、後は仕事納めまでがむしゃらに働いて、大掃除して、ゆっくり〆られそうだ。平和な一年だった。来年はこの平穏を捨てるから、今年いっぱい楽しみつくしてやる。