読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数字

穴を掘り木を植えて

環境環境って騒いでるやつは、何がどう悪いのか数字で出せよそれもできねーくせに騒ぐな(意訳)みたいなものを前にどこかで読んで驚いた。それってTVでダイエットに良いとか流れた瞬間品薄になるのとなんか似てる。何か一つを検証して数字を出したって意味ないんですよ。均衡をとって初めて成り立ってるんだろ世界は、体は。くだらないテレビ番組なんか見なくたって、体に良いものは体が、土地が、文化が、伝統が、知ってる。開国後に入ってきた毒は伝統じゃないからちなみに。庭で無農薬で大切に育てた野菜を、それがどんだけ体に良いのか数字で出せとか言ったらアホだろ。同じように、工業排水がどんくらい害なのか数字でださなきゃ(すぐ出せるだろうか)納得できないって言うヤツも同じようにアホだろ。


良いも悪いもって何事にもあるよ。体に良い食品だって、食べ過ぎれば害になるし、陽だって浴びすぎれば害なんだろ。でも害の数字ばっかり声高に叫ぶ前に、それがもたらした恩恵の話をしようよ。頭に叩き込もうよ。心から感謝しろよ。陽がなけりゃ生きてられないのに、害にばかり注目する。そんなことが全部に言える。人間関係とかにも。


例えば、汚染だって汚してるだけじゃなくて恩恵はもたらしてるんだろう。私だって使用しているものもたくさんあるんだろう。だからそういうものを良くないと叫ぶ時は、それらがもたらしていた恩恵を失っても構わない覚悟で言っているよもちろん。そして、それによって職を失う人がいるだろうけれど、同じ理由で私が職を失うことがあっても仕方ないと思えるよ。独り者だから気楽なのはあるけどさ。でも、これ以上毒を吐かなくて済むんだよ土を汚さなくてすむんだよ生き物を殺さずにすむんだよ私たちは他の仕事を探しましょうと言って笑いあえるような家族ばっかりだったらいいのにな。金金いってないでさ。子ども育てるのに金が要るって鬼のような形相で抗議しながら地球壊してるよりは、多少貧しい方がまともな子が育つもんじゃね。だいたい貧しいことは恥ずかしいことではない。