自分を晒してみる

毎回言いたいけど毎回書いたら鬱陶しいのを置いておく。むしろ1回書いただけで鬱陶しい。ここは私の吐き出し場所であり、ただの覚え書き。ここにあるのは、外側からの刺激によってもんもんと考えるはめになっちゃったことや、あんまり無知な自分への戒めや、こむずかしいが故に忘れちゃいそうなことたち。頭の容量がちっちゃい上に軽いアル中だからメモしないとどんどん抜けてくんだよ。 でもその日その時々、もっとも強烈に思ったことや考えたことを書きとめるのって別に普通と言うか。だからいわゆる普通の日記だ。日々のメモ書きで他人におべんちゃら言う必要性はさっぱりわからんし、自分アピールもよく解らん。興味の対象の問題でしょう。その日食ったものを事細かに報告したい人は興味の対象がそうなのだろうし。私は昔からこんなことばっかり考えながら過ごしてる根暗体質なんだから仕方ない。興味の対象はみんなで共有しなきゃいけないなんてことはない。なのになんでこの手の話題は「みんなやってるんだから私だけが悪いんじゃない仕方ない」と言われるのか。そういう反応が何故おこるのかサッパリ分らない。聞いてない。とか私の言い方や口が悪いのを棚に上げて思う。


私の言葉はいつだって軽い。薄っぺらい。そんなに苦労して生きてるわけでも当事者でもないから。でも、犠牲のおかげでぬるま湯の中に浸かっているってことをいつも忘れずいたい。自己矛盾なんて死ぬほど抱えてるけど、いちいち洗い出してかなきゃ認識もできないようなお粗末な有様なんです。「さぁみんな一緒に祈りましょう!世界の平和のために」とか全然思わないし気持ち悪い勘弁してください。私は私が常に考え知っていたいという欲求を重視しているだけの極めて利己的な人間だ。だから私は悪くないとか、純粋でしょとか言いたくもない。加害者の気持ちはいつだって軽くて軽くて、他人はどうだか知んないけど少なくとも私は軽くて、常日頃から思ってないとつい忘れちゃうから小うるさく自分に言っているだけなのだ。私は私の思うことがこの世で最も正しいとか思っているわけではないし、全ての人は例外なく私に同意すべきだとかもこれっぽっちも思ってない。私の言ってる事は正しいからさー皆さんご一緒にとか全然ない。


だいたいこんなとこ誰も見ていないんである。なのにこんなこと書いてるあたりいい加減自意識過剰だ。公開してる以上、なに言われても仕方ないとかよく出るけど。言われるのは全然良いんだよ。溜め込まれるのがしんどいっちゅーか。うっかり読んじゃってモヤモヤされても、ほんとすみませんていうか。こんなのもいつか読み返して、青いな恥ずかしいなと思うんだろう。でも実際みっともないのは事実なんだから仕方ない。格好つけて生きてくのが気持ち悪くなった。人当りよく、要領よくやってる自分より、必死にもがいてるのが自分だっていい年して知っちゃったから。読み返してみると病んでるし、堅いし、批判的だし、偉そう。全く言う必用のないことをわざわざ垂れ流して人を不愉快にさせちゃう基本的に自己中人だ。でもそんな自分なんだから、隠して受け狙いながら生きててもしゃーないわな。


私は何かを尊んでるとか愛情とかそんなの別にないし、善意もないし、だから口悪いし。でも、公共の場に勝手に上がりこんで自分の家だと勘違いしてやりたい放題。そういう根本的なモラル違反を自分が犯している事実は知っていたいし、笑っちゃうぐらい微々たるもんでもやれることはやりたい。一緒にやれとか誰にも言う気もない。自分に言ってんだよ。だってあんまり無知で救いようないんだもの私が。 だから、持ちつ持たれつやってるこの星で一つの種が勘違いして暴れてる現状は知ってたい。例えば意図せず人を殺してしまったとしても、「だって知らなかったしそんなこと言ったって生き返らないだろ!」とか言うよりは殺してしまったって事実を常に知っていたい。ただそんな心持の話し。 このまま内面にどんどん迫って、引き出して文字にしてればそのうち自己矛盾がぼろぼろでてくるんだろう。それをまた解体して探ってくのは楽しいだろう。私はこの世に残したいもんなんてない。遺伝子も、金も物も、私が生きてたって証も思想も。自然の一部として存在し消えたい、そんだけだから、生き方も、思考回路も、死ぬまでにどこまで簡素にできるかって、そんな遊びを一生かけてやるんじゃないかね。