辺戸岬

一年ほど前の沖縄タイムス社説より


A.サンフランシスコ平和条約により、日本は主権を回復した


昨年の大学入試センター試験で、「世界史B」に出た選択問題の「正解」である。この「正解」への違和感を、復帰運動を担った世代は抱くのではないだろうか。沖縄の苦難の歴史を抹殺した事実認識を受験生に強いている。「日本は『一部を除いて』主権を回復した」が正解だ。


1952年4月28日、サンフランシスコ平和条約発効。沖縄・奄美を含む北緯二九度以南の施政権は米国に委ねられた。吉田茂首相は「遂に自由と独立を回復し得た。寛大なる平和条約を結んでくれた米、英その他の連合国にたいし厚く感謝」と言った。米国は独立する日本に「反共政策」の一翼を担うことを求めた。沖縄が「反共の砦」とされ、本土の米軍基地が縮小されることに比例し、基地建設が本格化していくことになる。


60年の4月28日、祖国復帰協議会が結成される。スローガンの一番目は「平和条約三条の撤廃」。日の丸を振った提灯行列は「民族自決」を訴え、このころから復帰運動の中で「屈辱の日」と呼ばれていく。そして72年、返還は決まった。三条からようやく解放されることになる。だが、沖縄の基地に変化はなかった。日米安保条約が三条に取って代わり、米軍駐留の根拠となる。琉球政府初の公選主席、屋良朝苗の声明は、率直に県民の声を代弁している。「米軍基地によって苦しめられた県民は、沖縄基地をかなめとする安保体制を容認することはできません」「米軍基地問題沖縄県民だけで解決すべき課題ではない。国民全体が自らの運命を決定する重大な課題だ」屋良の訴えは、いまだ実現していないというべきだろう。


76年この日、島の最北端、辺戸岬に「祖国復帰闘争碑」が建立された。それはこうはじまる。全国のそして全世界の友人へ贈る。吹き渡る風の音に耳を傾けよ。権力に抗し復帰をなし遂げた大衆の乾杯の声だ。打ち寄せる波濤の響きを聞け。戦争を拒み平和と人間解放を闘う大衆の雄叫びだ。そして、こう結ばれる一九七二年五月一五日、沖縄の祖国復帰は実現した。しかし県民の平和への願いは叶えられず、日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された。しかるが故にこの碑は、喜びを表明するためにあるのでもなく、ましてや勝利を記念するためにあるのでもない。闘いをふり返り、大衆が信じ合い、自らの力を確め合い、決意を新たにし合うためにこそあり、人類が永遠に生存し、生きとし生けるものが自然の攝理の下に生きながらえ得るために警鐘を鳴らさんとしてある。


関連記事

全文の写真 =http://f.hatena.ne.jp/manabitch/20101210193011
靖国神社なんかいらない =http://d.hatena.ne.jp/manabitch/20060321/
慰霊の日http://d.hatena.ne.jp/manabitch/20050623/