今年の抱負

今年はすごい年になるよ。初御籤は指針にしてる。昨年、一番の望みを制止されてから一年待った。年末年始も仕事で大忙しな皆が再び普天間まで連れて行ってくれたこと。大満足な結果だったこと。大吉だったけど、そんなこと関係無しに。どうしよう嬉しい。


昨年は、半分死んだような目で過ごした。今じゃ笑っちゃう話だけど、1人で育てる自信が持てなくて自分を見失った。命を預かる怖さ。仕事と夜遊びと旅ばかりで生きたもんだから家庭でどうすれば良いのかサッパリ分からない。渇を入れに来てくれた旧友たち。手伝ってくれた同僚たち。支えてくれた家族みたいな友人たち。そして誇りとなって私の中に住んでいる人。みんなに支えられて私は私に戻れたから、今年はそれを絶対に無くさないでいようと思う。


仕事納めの瞬間から一晩中騒いで、一緒に年越しはできなかったけれど大切な人に年末年始の挨拶する時間も取れて、いつもの場所でいつもの顔とギャーギャー言いながら美味しいそば食べつつ年越しして、店も周って正月じゃないみたいな陽気の中、初詣して飲んで飲んで鍋で〆て。丸六日間くらい飲みっぱなし笑いっぱなし。もう死ぬほど笑い続けた。どんだけ飲んでも寝なくても、時間になればご飯をあげて散歩して。やってみればなんてことない。おばあの家にも挨拶行って、やっと落ち着いてこれ書いててこんなに幸せに年越した事に本当に感動。


すごい年になるよ。望んだらなんでも叶っちゃいそうだから、今年の抱負は敢えて自分らしさを無くさない事。誇りを忘れないこと。今の自分が誇らしいから。それは誰がくれたのか知ってるから。