今年をふり返ってみる

昨年、たっぷり休息をとりすぎたしわ寄せなのかー。来週になればきっと何もかも楽になるはず、そう思い続けて一年過ぎてしまった。全力疾走の一年間。別に今までもそうだったといえばそうだけれど、それは自主的にというか・・・ 今年は完全に目に見えない何かに踊らされた。目に見えるのにも踊らされた(アリとか)。


そんな中手に入れたものは、狭いながらも楽しい我が家と、毎日楽しく過ごせる仕事と、くつろげる数件の飲み屋と、ずっと付き合っていくだろう友人と、独りと二匹暮らし。といっても独りにさせてもらえた日は数えるほどなわけですがー。幸せ者だよね。何もかも捨ててきたつもりだったのに、生きてきた軌跡が、確実に私の財産になっているという実感。離れた地にいる友人が、いつも案じてくれているのを知った。毎年幸せだったと思いながら、二十八年も過ぎている。皆さま、今年もありがとう。