泡瀬干潟埋め立て

泡瀬干潟の埋め立てで、事業主体の沖縄総合事務局のホームページから、推進派市民団体のページが閲覧できるようリンクが張られていることが分かった。賛否が分かれる公共事業で、国が任意団体の主張を紹介するのは異例。反対派団体は、「一方に肩入れするのは問題だ」と申し入れた。

汚い。やり方が汚い。リンクページじゃなくてトップページにどどんと置く必要が分らないよ洗脳反対だよ。


ジュゴンやウミガメを育む海草藻場(うみくさもば)は、サンゴ礁、海草藻場、干潟マングローブは、ひとつづきの生態系の一要素であり、このうちどれが欠けても、沿岸の生態系に重大な影響をもたらす。沖縄島の最大の海草藻場は辺野古沖の 173 ha、第二は泡瀬沖の 112 haだが、どちらも米軍飛行場の建設、埋め立て計画によって消失の危機にある。世界の湿地保全に取り組む国際機関「ラムサール条約事務局」(本部・スイス)からも忠告がきている。埋め立てられっぱなしで有効活用されてない土地が(そんなもん土地とか呼びたくないけど)島内にまだたくさんある。


関係ないけどこんなのも

泡瀬で生まれて今本土に住んでるものです。久しぶりに沖縄に帰り泡瀬に行きました。昔の風景はどこにも無くあるのはあいかわらずの無駄な公共事業のみに愕然としました。残念ですね。もういいかげんやめようよ。目先の仕事が欲しいだけのための乱獲は。

祝!泡瀬干潟埋め立て工事着工! スレより

目先の小銭しか追えない大人は哀れ。