クリスマス

クリスマスの元は、各地の先住民たちが冬至に行う太陽復活祭だった。キリスト教を首尾よく布教するため、その土着の祭りを利用しようと、十二月二五日はクリスマスに制定された。そう数年前に知ってからは、なんて下らないイベントだと思ってたけど今年は楽しんだ。


連休の始まる二三日から春みたいな風が吹き、急に暖かくなる。数日たっぷり楽しもうとスコッチ、ウォッカ、ラム、ワイン好きな銘柄だけ買い揃え、ソーダ、トニックも大人買い。ここ二年くらい島ばっかり飲んでたからか、新鮮で旨い。真冬の朝から、キンキンに冷やしたラムトニックの幸せ!


たくさんの人たちとゆっくり話すことができた。三日間、いつもの二人でたっぷり過ごせた。深夜は、いつのものとこでバカみたいに飲んで騒いだ。朝まで死ぬほど笑わせてくれた親子にも感謝だ。前々から欲しかったものを色々注文して、続々届くのも幸せだし、やっと手に入ったものは両親+一名分仕入れて贈り物にしてみたり。それなのに、思いもよらなかった人物からからサプライズ返しされたり。まずい本気で嬉しい・・・


三連休の中日は仕事だし、いつもと変わらず過ごすかなと思ってたのに、努力が実るようなことばかり起きて、人生無駄なことなんて無いんだなと改めて思う。絶好調で年明けを迎えられそうだ。