ピアノマン

十代の頃、ビリー・ジョエルピアノマンを初めて聞き、頭の中に鮮明に映しだされた絵に驚いた。茨木のり子の「六月」とどこか似ている。

Pianoman / Billy Joel

土曜の九時になると、いつもの連中が集まってくる
そばに座った爺さんが、ジントニックを楽しみながら
「若いの、思いでの曲をやってくれ
なんといったか、ほんのり甘く哀しいやつだ
しゃんとしていた頃は覚えていたんだが」


歌ってくれよ、ピアノ弾き
今夜は共に歌おう
どうにもそういう気分なんだ
お前が歌うと気が晴れるのさ


バーテンダーのジョンは友達
いつもただで酒をくれる
味なジョークをとばし、煙草に火をつけてまわる
でも彼の居場所はここじゃない
「ビル、ここじゃ俺はだめになる」
真顔で話す
「映画スターにだってなれるさ
もしここから抜け出せたら」


不動産屋のポールは自称小説家
嫁を探す暇もない
話し相手は海軍のディビー、
やつは死ぬまで海軍を抜けられないだろう


女給は客のあしらいに忙しく
会社員どもはしたたかに酔ってゆく
みんなで孤独という名の酒を飲み交わす
でも一人で飲むよりはずっといい


歌ってくれよ、ピアノ弾き
今夜は共に歌おう
どうにもそういう気分なんだ
お前が歌うと気が晴れるのさ


土曜の夜は大賑わい
支配人が俺に笑いかける
彼は知っているんだ
連中が俺のところに集まるわけを
それは ほんのひととき人生を忘れるため


ピアノの音はカーニバルのように鳴り響き
マイクはビールの匂いがしみこむ
連中はチップをはずみながら
「お前、まだこんなとこでやってんのか?」


歌ってくれよ、ピアノ弾き
今夜は共に歌おう
どうにもそういう気分なんだ
お前が歌うと気が晴れるのさ

六月 / 茨木のり子


どこかに美しい村はないか
一日の仕事の終わりには一杯の黒麦酒
鍬を立てかけ 籠を置き
男も女も大きなジョッキをかたむける


どこかに美しい街はないか
食べられる実をつけた街路樹が
どこまでも続き すみれいろした夕暮は
若者のやさしいさざめきで満ち満ちる


どこかに美しい人と人との力はないか
同じ時代をともに生きる
したしさとおかしさとそうして怒りが
鋭い力となって たちあらわれる

It's nine o'clock on a Saturday
The regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
Makin' love to his tonic and gin


He says, "Son, can you play me a memory?
I'm not really sure how it goes
But it's sad and it's sweet and I knew it complete
When I wore a younger man's clothes"


La la la, de de da
La la, de de da da da


Chorus:


Sing us a song, you're the piano man
Sing us a song tonight
Well, we're all in the mood for a melody
And you've got us feelin' alright


Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he's quick with a joke or to light up your smoke
But there's someplace that he'd rather be
He says, "Bill, I believe this is killing me."
As the smile ran away from his face
"Well I'm sure that I could be a movie star
If I could get out of this place"


Oh, la la la, de de da
La la, de de da da da


Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talkin' with Davy who's still in the navy
And probably will be for life


And the waitress is practicing politics
As the businessmen slowly get stoned
Yes, they're sharing a drink they call loneliness
But it's better than drinkin' alone


Chorus


It's a pretty good crowd for a Saturday
And the manager gives me a smile
'Cause he knows that it's me they've been comin' to see
To forget about life for a while
And the piano, it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say, "Man, what are you doin' here?"


Oh, la la la, de de da
La la, de de da da da


Chorus