読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この夏、魅せられ続けてきた木曽川・飛騨川。3度目の旅から今日戻った。小さな駅、遠くの山並み、線路と広がる水田、古い民家、流れる川、乗り遅れた飛行機、酒瓶片手に野宿、緑の中の露天風呂。島に居ながら、内地の小さな町に惹かれていく。