土に返らないもの

「毎月二二日はクリーンアップデー」ということで、コンベンションビューローが主催する朝のゴミ拾いに参加した。キャンペーン銘入りの大きめビニール袋が、一人二枚渡される。もちろん新品。ところで、沖縄のゴミの分別は「燃やすゴミ」と「燃やさないゴミ」。内地とは言い方がちょいと違うけれど「燃えないゴミ」だと、ビニールは燃えるよね〜? なんて言う人が未だに多いので、島の呼び方のがしっくりくるように思う。ゴミ拾い後回収されたゴミ袋は、燃やさないゴミにまとめて入れられていた。この袋は、燃えるものだったり、再利用に使えるものだったりしないのだろうか? (詳細は分からんが)全員の袋がゴミでいっぱいになっている訳でもなく、むしろ枯葉とか微妙に入ってるだけのスカスカなやつも多く、参加者が増えれば増えるほど余計なゴミを出す結果になるのだとしら・・・ 街の掃除も大事だけれど、ゴミ袋に入れられて出すゴミもまた同じ地球上にある土に返らないもの。