笑てぃ腹薬

笑てぃ腹薬[わらてぃわたぐすい]
意:笑うことは腹の薬になる


くがにくとぅば(黄金言葉)。島の風土や歴史、島人の魂が生んだ格言。ずっと昔、仕事のストレスが抜けず、丈夫な肌にも表れて、医者に心からくるものと言われた。こりゃいかんなーと毎晩遅くまで飲み歩き、たくさんの人と大笑いしてから家に帰るようにした途端すっかり完治した事があった。笑顔より尊いもんはないと、改めて思い知る。