穴を掘り木を植えて

それでも慰霊の日

慰霊の日です。 陸軍司令官牛島満中将等が、糸満の摩文仁で自決した6月23日を日本軍の組織的戦闘が終結した節目としてとらえ、「慰霊の日」が制定された。 沖縄の人々の本当の恐怖はこの日から始まったんだ。牛島の志を継ぎ、兵士たちは単独で戦いを続けた。…

金のハチドリ

あるとき森が燃えていました 森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは 火の上に落としていきます 動物たちがそれを見て 「そんなことをしていったい何…

魚を食べる食べない論争

水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項=http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/ 最近頻繁に聞くようになってきました。世界の海が水俣湾化しているので、海中食物連鎖の上位に位置する大型回遊魚の水銀が危ない! 摂取を…

布ナプキン

「手作りしてみよう」なんて大それたこと考えた挙句、なかなか手をつけられずに二年ほど経過。もうね、作ったりは置いといて、とりあえず買って使ってみよう、使えるのかどうかも分らんし。と、妥協し数ヶ月使ってみた。で、すごくいい。 散々既出だけれど、…

登紀子さんの言葉

インドネシアで森に木を植えるボランティアをしている女の子がこんなことを話してくれたんです。 村の人と一緒に植林するわけだけど、ある日、植林したところに行ってみたら、木が全部なくなってた。植えた苗を引き抜いて売りに行ってしまったというのね。 …

京都議定書の実態

パソコンの整理をしてたら、京都議定書発効から一年経った頃書いたものの長すぎて放置してたのが出てきた。書いてから三ヶ月過ぎている。なんか変わってるかもしれないけどまた機会逃しちゃうからとりあえず置いとく。 京都議定書 1997年、京都市で開かれたC…

ホテル・ルワンダ

公開が実現した1月から4ヵ月!待ちに待って待ちすぎた。ホテル・ルワンダ。署名運動の頃から追っていたけれど、日本で公開が決まっていないムービーって情報を仕入れる機会が極端に少なくなる。そんな中で、これは絶対に我国でも上映するべき映画だ!と運動…

共謀罪という名の魔女裁判

共謀罪(きょうぼうざい)強行って今日でした? 明日だっけ? どうなったんだろ。 共謀罪 何らかの犯罪の共謀それ自体を構成要件(ある行為を犯罪と評価するための条件)とする犯罪の総称。アメリカ法のコンスピラシー(Conspiracy)がその例である。 2人以上…

食うからには食いたいもんを

最近買物する際、成分表示を凝視するようになった。いい加減覚えちゃうくらい。危ない甘味料、着色料、香料、保存料はもちろんそれ以外にも変なものが入ってれば買わない。体を気遣ってるというより排泄物が毒になるから。そして、買うことで異常で安価なも…

生まれた頃からあったものが当然ってわけでもない

環境の話になるといつも、ゴミのポイ捨て論は過剰なように思う。確かに道に落ちているゴミは汚いけれど。例えば某国のように空き缶の変わりに土器で茶を飲む。そのまま道端にポイっと割り捨てる。それはゴミじゃない。街路樹から枯葉が落ちる。土に返るはず…

マクドナルド断ち

環境団体グリーンピースは、マクドナルド社がアマゾンの熱帯雨林を開拓して安い大豆を大量に生産し、鶏の飼料にして安いチキンナゲットを作っているとの報告書を出した。 国際的な大豆需要の高まりと品種改良で近年アマゾンでの大豆生産量は急増した。アマゾ…

おもいやり予算

23日、額賀とラムズフェルドがごちゃごちゃ決めてきやがりました。在沖縄米海兵隊のグアム移転経費のうち、日本側が59%、60億9000万ドル(約7100億円)負担で合意。移転に積極的な姿勢を見れば誉められると勘違いしちゃったようですが、「まるで米国の属国…

辺戸岬

一年ほど前の沖縄タイムス社説より A.サンフランシスコ平和条約により、日本は主権を回復した 昨年の大学入試センター試験で、「世界史B」に出た選択問題の「正解」である。この「正解」への違和感を、復帰運動を担った世代は抱くのではないだろうか。沖縄…

共同店

沖縄で時折見かけるのが、共同店。「共同店(キョードーミセ)」は、現在沖縄本島の農山村地域と、離島の一部に存在する。集落全住民の出資によって運営されている商店で、生協のようなもの。共同売店が村落唯一の商店であるところも少なくない。スーパー、コ…

V字形滑走路

4月7日に名護市長 島袋吉和が防衛庁で額賀から大枚もらって2週間経つ。どうにもできなくて悔しい。3月末、東京に立つという島袋に会うため市民が役所に押し寄せた。沿岸案反対・沿岸案について政府との交渉もしないと公約し、就任したのだ。政府と何を協議す…

靖国神社なんかいらない

ひと月ほど前に、「靖国参拝くらい良いんじゃない」という衝撃のお言葉をもらった。良くないです。 昨年八月十五日、靖国神社周辺で「戦争反対」「戦死者の"英霊"化反対」の意思表示を行っていた市民五十名余りが警察に暴行され、そのうち四名が逮捕された。…

ついに瀬底に魔の手

瀬底島で大規模リゾート計画が進んでいる。 島西側のゴルフ場敷地に8階建てのホテルやヴィラなど約350室を建設。2007年春の開業予定、開発面積40?、1室6万円程度。不動産業の都市デザインシステム関連の瀬底ビーチリゾートが建設。伊武部ビーチで進むリゾー…

辺野古の浜と看板

数日前、辺野古の浜に米兵がやってきて看板を立て始めた。「ここから先は米軍基地施設です。侵入した場合は日本国の法律によって罰せられますので固く侵入を禁じます。 那覇防衛施設局」。民間地である。ジープの前に座りつづけ、果敢に追い返したのは立派!…

カミンチュ

カミンチュ(神人)とはいわゆるシャーマン。人生のあるときに神懸かりになり、「カンダーリィ」と呼ばれる精神病者のような巫病を患う。これはほとんどのカミンチュが経験する「関門」。この間、神霊や先祖霊に命じられるままに御嶽を回って祈らされ、祖先の…

琉球心開

年末、神々の島最高聖地「フボー御嶽」の木々が無断で伐採された。この悲惨な事件の犯人が久高島公式HPにて公開されていました。その名もNPO法人「琉球心開」。御嶽信仰の道を重んじ、文化財、史跡巡りを通して、ノイローゼや難病に悩む人達を精神的にサポート…

聖地荒し

多くの伝統祭祀が残り、「神々の島」として知られる南城市知念・久高島の「フボー御嶽」で、本島中部のNPО法人が神木のクロツグ(地元名マニ)を無断で伐採していたことが明らかになった。確認できただけで約35?にわたって直径15センチ、高さ2m以上を含む5カ所…

TVでは報道されない沖縄の現実

キャンプシュワブの浜辺には監視カメラが取り付けられ、あからさまな監視活動が行なわれている。米兵が基地反対の意思を示すリボンを次々に破り捨てていることも分った。そして、1月22日の夜。 辺野古に来た青年が受けた被害(リンク切れ防止のため一部転載…

地位協定

正月早々、横須賀市で女性が空母キティホークの一等航空兵に暴行を受けて殺害された。米兵は九日送検された。95年の日米地位協定の運用改善以来、殺人罪での引き渡しは初めて。 地位協定は95年に島で起こった米兵暴行事件を機に「殺人、強姦など凶悪な犯罪に…

泡瀬干潟埋め立て

泡瀬干潟の埋め立てで、事業主体の沖縄総合事務局のホームページから、推進派市民団体のページが閲覧できるようリンクが張られていることが分かった。賛否が分かれる公共事業で、国が任意団体の主張を紹介するのは異例。反対派団体は、「一方に肩入れするの…

LOHAS

最近やっとあちこちで聞くようになった「ロハス」。いつだって動機が、「自分の身が危険だから」「お洒落だから」「流行りだから」「皆が言ってるから」、その辺は相変わらずなんだかと思うけれど。でも「スローライフ」でも「カルチャラル・クリエイティブ…

過剰な水浴び

21日から県内で14年ぶりに隔日断水に入った座間味島では、貯水率は現在22.4%に落ち込んでいる。今年は早い時期から地下水に頼っているので、いつ底をつくのか分からない。料理屋「三軒茶屋」には2?のタンクがあるが、「足りなくなれば店を閉めないといけな…

最大規模とか要りません

石垣市米原地区で計画されている県内離島最大規模のリゾートホテル建設問題で、公民館で予定されていた事業者と住民代表、合わせて11人の初会合で、傍聴を求め駆けつけた約60人の住民同士が建設賛成派と反対派に分かれ押し問答となり会場周辺は緊迫。 パトカ…

そんなに暑くないってば

耐え難いんである。十一月の沖縄はまだまだ夏とはいえ、我慢できないほど暑くはない。まだ、ノースリーブで歩く人も居れば、すっかり衣替えを終えた人もいる。で、職場でセーターを着込みながら、慌しく働きっぱなしのクーラー。何故? 今夏提唱されてた、二…

蔡温(さいおん)

新聞の片隅のコラム。面白かった。 名護に「ひんぷんガジュマル」と呼ばれる樹齢約300年の大樹がある。ガジュマルの横には「三府龍脈碑(さんぷりゅうみゃくひ)」と言う碑石があり、それがひんぷんに見えることから「ヒンプンシー(碑文石)」とも呼ばれた…

冬の省エネに挑戦

冬季の省エネルギー対策発表しました。私みたいな夏人間は、夏季省エネについて語るのは簡単。問題は冬も偉そうなこと言ってられるか、そしてやり遂げられるか。去年まで、冬は見て見ぬ振りをしてきた。だって寒いの無理だし。でも今年はチーム-6%の一員とし…

ぐるぐる充電

七恵から電話をもらって久々に楽しく会話した夜だった。四十五分ほど話してるうちに充電がなくなってきた。最近我が家では手動式充電に切り替えたんで、ぐるぐる手でハンドルまわしながら充電しつつ話してたんだが、これすごく疲れるね。充電しながらなのに…

アスベスト

アスベストは石綿(いしわた、もしくはせきめん)とも呼ばれる。綿のように柔らかな天然鉱物繊維で、火にくべても燃えない。そして非常に安い。「奇跡の鉱物」などと呼ばれ、大量に使われてきた。しかし、これを吸い込むと、肺胞に石綿が詰まって呼吸ができなく…

基地と石綿

1950-80年代の米軍基地で、アスベストが大量に使われ、取り扱い作業をした基地従業員に関連が疑われる肺疾患が多発している。従業員らは防護服を着けず、紙マスクやタオルだけで石綿粉末などを扱う作業を約40年間続けた。基地では80年代後半まで、兵舎の給湯…

ほっとけない世界の貧しさ

THE WHITEBAND PROJECT いろいろなブログでたくさんの意見が書かれています。それで救われる子がいるならいいじゃない。送料を考えれば、その分まで寄付にまわすべきじゃないか? 日本のデザインはダサいよね。 そんなコトはどうでもいいんだー! 関心がある…

自家用車と衝突

南風原町新川の沖縄自動車道那覇料金所付近で、米海兵隊の大型トラックがUターンを試み、一般の自家用車と衝突。米兵らは「トラック4台で那覇―許田間の往復を繰り返し、安全に大型車両をUターンさせることに重点を置いた訓練だ」と説明。県警の調べにも「公…

頑張れオンナノコ

「女性の声を合わせ、米軍基地建設にNOを言おう」「心に届け女たちの声ネットワーク」が22日午後3時から、「基地は沖縄のどこにもつくらせない!」と訴える道ジュネーをした。平日の昼間ながら、女性を中心に約百五十人が参加。国際通りの道ジュネーでは、…

セカンドレイプ

拝啓、沖縄県知事 稲嶺恵一様 日頃のご活躍に敬意を表します。1995年9月に起こった米兵による少女暴行事件から10年、去る7月3日、またもや米兵による少女に対するワイセツ行為事件が起こりました。いったいいつまでこんなことが続くのでしょうか。いったい何…

石垣島にも魔の手

米原地区の大型リゾートホテル建設問題で同地区の住民有志の会が12日、開発の見直しを求める意見書と住民の2/3に当たる57人分の署名を提出した。早川代表世話人は「自然環境や生活環境を全く考慮しない開発であり問題だ」と訴えた。 今度は石垣なのか。自然…

なんでヤツ等はすぐ幼子に発情すんだ

毎日話題になっているのでまとめ 10歳児にわいせつ、米軍嘉手納基地所属アルマンド・バルデス(27)逮捕。3日午前8時半、中部民家の駐車場に女児を手招きして誘い込み、胸を触るなどわいせつ行為。一緒に遊んでいた8歳児が家族に助けを求めた。通報を受けた警…

夏が寒い

「オフィスでの冷房対策を〜」って呼びかけをよくラジオやニュースで聞くんだけど。上着を常備したり、帰ったらお風呂でゆっくり体を温めてってものらしい。この真夏に!? ボケっとしてるだけで勝手に暖まるこの恵まれた季節に、何を言っているのか。つまらな…

地球博の廃棄物

愛知万博の開催に沸く愛知県瀬戸市。その北部にある丘陵は、住民の間で「産廃銀座」と呼ばれている。森を縫って走る道沿いに、無数の看板が立てられている。「処分場拡張計画反対」「キケン 硫化水素発生中」。盛り上がった地面にシートがかぶせられた場所は、…

ビールのせいで強姦とか

金武町キャンプ・ハンセン内で海兵隊員が同僚の女性兵士を強姦する事件があり、米海兵隊当局は懲役15年の判決を言い渡した。基地内のクラブで、50セント(約54円)のビールを飲んだ後の犯行だった。弁護側は、外出禁止など兵士を基地内に閉じ込める「綱紀粛正…

慰霊の日

六月二三日は慰霊の日。もうすぐ梅雨明け。この日、平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式祭が行われる。今年は戦後六十年ということもあって、話題になっている沖縄戦。少し前まで、沖縄線が太平洋戦争もっとも激しい戦いと言われる所以を知らなかった。日本が…

100万人のキャンドルナイト

蝋灯な週末を過ごした。そういえば、十八の頃から夜はキャンドルで過ごしていたことを、灯りを見ていて思い出した。繁多にかまけてそんなコトすっかり忘れていた。視覚的に昔の記憶を思い出す感覚も忘れていた。キャンドルナイトというイベントが好きなのは…

ホモペンギン

登別マリンパークニクスで、キングペンギンが同性同士で相次いでペアを作り、飼育員を悩ませている。現在は雄8羽、雌3羽、性別不明1羽の計12羽。03年に初めて雄同士が交尾をした形跡が見つかり、昨年は雌2羽がいつもペアで行動するようになった。今年♂カップ…

土に返らないもの

「毎月二二日はクリーンアップデー」ということで、コンベンションビューローが主催する朝のゴミ拾いに参加した。キャンペーン銘入りの大きめビニール袋が、一人二枚渡される。もちろん新品。ところで、沖縄のゴミの分別は「燃やすゴミ」と「燃やさないゴミ」…

手間が惜しい

西町周辺の整備に伴い、那覇ふ頭沿いの鳳凰木と椰子の木約二十本が伐採された。大きいものは直径約40cmほどもあった。市緑化センターが言うには、「移植は大きくても可能。あれだけの大にさになるには二十年以上かかったはず」 鳳凰木はけっこう一般的な街路…

人が鎖になる

島に来て一年ちょい。新聞の一面は、内地で大きく扱われるニュースとは違う。異国にいるよう。普天間や辺野古はさらに遠い場所のよう。まだ見えない事はたくさんあるけれど、距離を縮めていくのは自分がすること。 15日、沖縄県は本土復帰して33年を迎えた。…

シミ・ソバカスがなんだ

沖縄への観光客は年々増えている。経済効果としては嬉しいのかもしらんが(1人あたりの消費は減っていても)、気になるのはリゾートやマリンスポーツの際、大量に塗りたくられる日焼けどめ。ダイビングで慶良間の海に感動している最中、顔や体からぐんぐん海水…

くいまーる

沖縄は海に囲まれているためゴミの埋立地が確保しづらい。(埋立地に囲まれていたとしてもゴミは減らすべきだが) 那覇市のゴミは約四割が生ゴミで、大半は可燃ごみとして処理されていた。その生ゴミを回収し、飼料化して、豚を育てる地域循環システムが「くい…