穴を掘り木を植えて

スケープゴート

何年も何を長々とつづってきたんだろう。「スケープゴート(生贄)」という言葉を知った。いや、前から耳にしてはいたんだけれど、自分の体験と近いケースでその単語を聞いた。うまく吐き出せずにきたことがこの一言で片付く。おらは、誰かをスケープゴート…

オスプレイ

県民大会行きたかった。行きたいってことはないか。前回も暑いし狭いし最悪だった。でもしっかり反対の声をあげねば。おらはオスプレイが100%安全な代物だとしても反対。理由は、この星に軍隊は要らないから。自分たちの安全を脅かされるからじゃない。 第…

広い視野とは人様の都合

ダライ・ラマ14世が2009年に初来沖したとき。「基地は撤廃されるべき。だが今はグローバルなレベルで考えろ。北朝鮮や中国を思えばアメリカはまだ必要。将来に期待」といった回答をしていて、ああこの人は男脳というか指導者視点というか、当たり前っちゃ当…

放射性廃棄物、枯葉剤、アスベスト

この島はどこへいく? 東日本大震災の米軍救援活動「トモダチ作戦」に伴い生じた放射性廃棄物が、米軍普天間飛行場などに保管されている。 猛毒のダイオキシン「枯れ葉剤」は、1961年から米軍が対ベトナム戦争兵器として使用。沖縄は、その補給・前線基地。…

そうだ、葉っぱを売ろう

みんな何者かになりたいという。何かを残したいという。富を得たいという。おらは何者にもなりたくない。何も残したくない。ただ、生まれてこのかた地球にかけた負荷を、なんとか相殺して死んでいきたい。可能なら、この体は無駄に燃やしたりせず、そのまま…

冷たい人間

震災からもうすぐ一ヶ月経つ。ここ最近はテレビも不愉快でみたくなかったし、人の声もあまり聞きたくなかった。ただ、おらは冷たい人間なんだろうと、もしくは思考が一般的ではないんだろうと、改めて知ることになった。多くの被害、多くの悲しみ、心を痛め…

原子力発電所

東日本巨大地震による、福島第一原子力発電所の被ばくについて。「怖い」「ひどい」「政治屋の責任」「管理者の責任」「安全はどうなっているんだ」などなど。そんなことをいってどうなるのか。遠い地で被害者になったり、無関係者になったり、責任転嫁する…

今さら「ジュゴンの見える丘」

十代も終わりを迎えるという頃、Coccoのアルバム「ブーゲンビリア」に衝撃を受け、「クムイウタ」の発売記念にミニコンポを買った。初めてミニコンポが部屋にやってきた。それは今も我が家で活躍している。いろいろな国の曲を聴いてきたが、一年以上も飽きる…

高江を含むさまざまな地域によせて

久しぶりに朝っぱらからわんわん泣いた。みんな頑張っているのに私はなにもできない。今までは仕事があるから直接なにもできなかった。でも今は時間がある。それなのになにもできない。年をとっても寒くても雨でも、それでも体をはっている人がたくさんいる…

大地と体

昨日は天気がよかったので、ひさしぶりに一日庭にいた。我が家は生垣が未完成のため、庭仕事は人目につく。となると、とんでもなく非効率なことをしている私が目につくことになる。その日はずっと芝をはがしていた。整った庭は必要ないから。半日で一畳ある…

県民大会

日曜日は、引越し前の最後の休みなので、ウートートーをする予定だった。吉日の干潮明けから満潮までの間に、家ヌ主である味噌と塩を、台所に供えるというもの。酒や塩でで薄めた水で、棚や床を拭いたりもするらしいが、それはやらなかったというか知らなか…

美ら海・沖縄に基地はいらない!

いつまで揉めれば気がすむんだ。糞みたいのばっかりだ。なぜ誰も彼も、自分さえ良ければいいって思えるんだろう。加害者でいることに余裕で耐えられるくせに、自分や身内が被害にあえば、大声で騒ぐようなやつだっかりだ。基地も原発もいらないんだよこの国…

斟酌しなければならない理由はない

名護市長選が無事終わった。当選は、「基地は造らせない」と訴えた稲嶺ススム。平野官房長官は「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と言い放った。なんなのバカなの? 先ほど、下記の三つを読んで泣きそうだった。感情的になるんじゃなく、こ…

11月8日 県民大会

11月8日の辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会に、参加してきた。私は県民じゃないのかもしれないけれど、住民票も沖縄にあるし、住民税も所得税も納めているから、沖縄県民だと自分では思っている。二万千人の中の一人に私が数えられたなら嬉…

ジュゴンの海

ハロウィンだったので、仮装(女装?)して、北部のジュゴンの海へ行ってきた。天気はあまりかんばしくなかったが、それでも壮大な眺め。改めて、この美しい場所に基地なんかつくらせてはいけないと思った。人殺しの拠点なんかにしてはいけないと思った。政…

政権交代前後の動き

各誌より部分的に抜粋メモ。どうなるかはともかく、今まで叫んでも叫んでも届かなかった声が届いているのはすごいことだ。何年もたった一人で泣き続けていた人に手が差し伸べられたような。とくに社民の登場の仕方ずるい。しかも福島瑞穂氏と辻元清美氏とか…

今日もよく飲んだ

こうやって少しずつ輪が広がり、杯を交わし、語らう夏の夜はすばらしい。急な声かけに集まってくれる人がこんなにいるとは。で、酔っ払い早めの帰宅。もう年だから。ラーメン食って寝よう。さて、選挙も目前。今回はうちの選挙区もあって、国の盛り上がりと…

自民党の民主党中傷ビラ

なんかもう日本人でいることがさらに恥かしくなってきた。 「自民党の『民主党中傷ビラ』が波紋」(世田谷通信 by きっこのブログ)自民党が、民主党を中傷するビラを何種類も制作し、大量の人員を動員して、全国の家庭の郵便受けに入れ続けていることが分か…

わったー地球(しま)はわったーが守る

音楽やアートの力で、沖縄の基地問題を問うための野外フェス「Peace Music Festa! '09 from 宜野湾 〜わったー地球(しま)はわったーが守る〜」。お馴染みのイベントが九月二一日に開催されるそうだ。 http://peace-music.org/当日にに帰省を決めた後に知…

ロードマップを着実に実施

アジア・太平洋安全保障問題担当のウォレス・グレグソン米国防次官補は15日、県庁で仲井真弘多知事と面談し、沖縄の基地問題について意見交換した。鳥島射爆撃場の返還を求めた知事に対し、グレグソン国防次官補は「近い将来の解決策は何もない。日本政府…

視点が偏るとみえなくなる(三)

相変わらず経済系のコラムを読むとむかむかする。発展、開発、名誉、金、金、金。 (前文省略) 環境を大切にし、自転車に乗ることが悪いと言っているわけではないが、日本はもはや発展という言葉に価値を見出せず、若者はどこへ向かって進んだら良いのか分…

ヒロシマ・ナガサキ宣言

ノーベル平和賞受賞者ヒロシマ・ナガサキ宣言 世界のノーベル平和賞受賞者17人が連名で17日、被爆地広島の中国新聞を通じて各国の政治指導者や市民に、核兵器廃絶に向けて行動するように訴える「ノーベル平和賞受賞者ヒロシマ・ナガサキ宣言」を発表した。1…

ケニアのノーベル賞受賞者、アフリカ民衆に「蜂起」訴え

(2009年4月7火 CNN) 2004年にノーベル平和賞を受賞したケニアの女性環境保護活動家ワンガリ・マータイ氏(69)が米国での著書出版を前にCNNの電話取材に応え、世界不況を引き起こした支配層の貪欲さを批判、アフリカでも同じことが起きていると警告した。…

不相応

米国が富んでいるように見えるのは、地域ごとの貧富の差に加え南北格差があるからだ。極端な裕福層は、必ず奴隷によってつくられる。日本は極端な裕福層に含まれると私は思っているが、日本人の奴隷はアジアの人々、他外国人たち。目に見えない場所じゃない…

購入

購入というのは、その品を育てる(つくる)労働に対する、ねぎらいと感謝じゃないのかい。それさえ頭にあれば、値切ることばかりに夢中になるはずはない。だって自分の労働が正当な評価をもらえない、それがどれだけ悲しいことかなんて、社会人なら誰だって…

足るるを知る

昔から、今だって、悲しいニュースがあふれているけれど、本当に悲しいことは、起こった事柄じゃなく、それに対してとんちんかんな思いしか沸かなくなってしまうことだ。蚊帳の外にいたり、偽善ぶったり、しらをきったり、誤魔化したり、言い訳したり、人の…

エゾシカ

地方紙の紙面で基地の話題が上らないって日はないっていうのに、事態は何も好転しない。放置されてるってレベルじゃない。日本は島を貶めるために、卑怯な手口を次々と使ってくる。戦えば応戦される。で、いつから敵になったんだ? 昔父に、飛行場だってダム…

選挙やりなおそうよ

2008年2月21日 朝刊・夕刊米陸軍兵が比女性暴行。被害女性は二十代で、ホテルのロビーでぐったりしているところを従業員に見つけられ、病院に救急搬送。現在も入院している。女性は下腹部からの出血などで病院に搬送され、「気分が悪い」などと話していたと…

外出禁止

外出禁止令 抜け道/「朝帰り」なら問題にされず? 米軍が綱紀粛正策として実施している兵士らの夜間外出禁止措置は、実際には基地ゲートの出入りを止めるだけで、基地内に戻ったことを確認していない実態が十八日、外務省の説明などで分かった。2008年2月9…

日焼け止めで死んでいくサンゴ

2008年2月18日 社説日焼け止めの成分が低濃度でもサンゴに共生する「らん藻」を殺し、白化の一因になっているという報告をイタリア・マルケ工芸大学の研究チームがまとめた。インドネシア、メキシコ、タイ、エジプトの四カ国の海でサンゴを採取。海水一リッ…

米兵が中学生暴行

少女一人の尊厳も守れない安全保障とは何か。繰り返されてしまった凶悪事件は、基地と隣り合わせで生きる意味をあらためて突き付けた。「助けて」―。つなぎっ放しの携帯電話から、時折少女の叫び声が響いた。迫って来る米兵の姿に、「来た」と言っては会話は…

数字

環境環境って騒いでるやつは、何がどう悪いのか数字で出せよそれもできねーくせに騒ぐな(意訳)みたいなものを前にどこかで読んで驚いた。それってTVでダイエットに良いとか流れた瞬間品薄になるのとなんか似てる。何か一つを検証して数字を出したって意味…

基地

職業柄、基地に入りたい、観光したい、買い物したい、働きたいなんて話を良く聞く。基地に入るつてを持っているだの、先週行ってきただの、買い物はいつもそこだのを優越感を持って話すやつも多い。で、あんたらにとって基地ってなんなのさ、と。お洒落なの…

視点が偏るとみえなくなる(二)

相変わらずやな感じ。この人は、何よりもまず癇に障らない日本語を学べばいいのに。 地球温暖化防止を観光産業で使う このタイトルだけで虫唾が。 地球温暖化が"しょっちゅう"話題になっている。 もし、太陽の影響が大きいならレジ袋を使わないでマイバック…

「もったいない」は国際語?!

「もったいない」を漢字表記すれば、「勿体ない」あるいは「物体ない」となる。品詞分解すれば、「勿体」が「無い」となる。 このことは、本来「もったいない」という言葉が、「物事の本質」としての「勿体」(物体)を指し、本質が無視され見えなくなってい…

買収してんじゃねぇよ

自治体に何の相談もなしに米軍再編法成立。協力の度合いに応じて地方自治体に交付金を支給するって、金さえ渡してればいいとか思ってんのか。豊かさって金のことじゃないけれど、確かに金だけ見ればこの島は貧しいよまだまだ。二十代男子の消費者金融率が九…

カンパネルラ

昨日で、沖縄の本土復帰三五年目。さらに前日、ちょうど飲み屋で三五歳の誕生日を祝った人がいて、いつも一緒に飲んでる年の変わらないようなこの人の年齢分しかまだ時間が経っていないんだということに今更驚いた。私は今年三十路になる。沖縄は復帰三五年…

住宅地上空飛行

昨日のタイムスにて、「安倍晋三首相、V字形滑走路で緊急時に米軍機の住宅地上空飛行を容認」住宅地飛行以前に、勝手にV字形滑走路GOしてんじゃないよ地元民反対してんだろうがまだ。特に誰の応援してたってわけでもないが、悲惨な選挙結果にしょんぼり…

動物実験

数年前から、食品や石鹸、化粧品なんかに無添加が謳われるものが増えてきた。まったく意識してないもんよりは土や水を汚さないだろうし、良いことだな〜とか普通に思ってたんだけど、ここを読んでまた違う角度からも意識していかなくてはならないと思った。 …

はるかニライ・カナイ

はるかニライ・カナイ成長過程の子どもは灰谷健次郎の作品を読んだらいい。私は大人になってから「太陽の子」を初めて読んだけれど、もっと早く読むべきだった。教科書にたくさん載ればもっといい。これは一見ありがちな、都会の子が島に来てかわっていく話…

ちむぐりさ

知事選が終わった。公約を守るとか戦略云々は置いておくとして、最重要課題でみれば、「新基地建設反対」が「経済振興訴」に64.45%の投票率で負けたことになる。なんて平和な国だ。事前調査でも関心度は「経済の活性化」52%、「基地問題」は26%だった。結果…

沖縄知事選週末だ

知事選が迫ってきた。先週、町中に貼られた違反ポスターの撤去命令が下された。こういうことはあまり言っちゃいけないのかもしらんが、当選前からルールを守れない人らが、その後いったい何を守ってくれるんだろうと。応援する気があってもこれで台無しにな…

がっかり

金武キャンプハンセン前、空が真っ赤だった。最近日が落ちるのがはやい。久しぶりに独りで北部へ行った。 パトリオット本体の到着が迫ってる。米軍基地所在市町村長アンケートでは、一人も配備に賛成していなかった。沖縄の負担軽減を叫びながら強化していく…

打ち水大作戦2006

本日フィナーレ。今年の夏もお疲れ様でした。乗り遅れた人も気にしない! 家に帰ってパシャパシャしましょ。唯一のルールは下水道を使わないこと。水を二次利用すること。身近なとこでは、風呂の残り水、室外機から出る水、雨水、台所のすすぎの残り水、米の…

ああ忌々しい!

最後まで小泉はやらかした、と。 任期が残りわずかとなり、反発する国内や近隣諸国への配慮は振り捨てられた。憲法をねじ曲げ、自衛隊はイラクに派兵された。隊員は命を落とせば靖国に祭られる。戦争を二度としないと誓って再出発した日本の首相が、軍国主義…

経験したことのない痛みは解るのだろうか

95年沖縄少女暴行事件を題材にした長編映画が沖縄ロケを終えた。監督は在米の日本人女性。年末から米映画として世界の映画祭に出品していく予定。 間違いなく米よりの映画になるんじゃないかと。何故そう思うかって、復習のため15歳になる兵士の子を拉致し、…

沖縄少女暴行事件

沖縄駐留20〜22歳の米海兵隊員3名が基地内でレンタカーを借り、北部の商店街で買い物をしていた女子小学生を拉致。少女は粘着テープで顔を覆い手足を縛ったうえで車に押し込められ、近くの海岸で集団暴行を受け2週間の負傷を受けた。この計画的で極めて悪質…

星の切り売り

読谷村の中央に読谷補助飛行場がある。旧日本軍が陸軍北飛行場として建設後、米軍により占領、拡張された。かつてはパラシュート下降訓練に伴う事故が相次ぎ、65年、トレーラーで小学生が圧死するという事件が発生。10年前訓練場が伊江島に移転され楚辺通信…

視点が偏るとみえなくなる

不快なものってのは、それが私的偏見だったとしても、おらの見当違いだったとしてもとにかく不快。生理的に受け付けないことってあるのだ。おらが何かを不快に思うのも仕方なければ、誰かがおらを不快に思うのも仕方ない。同じように返還を願うのに何故こう…

ハンマーが振り降ろされる

この先ミサイルが飛んでくるとか、今回はとどかなくてよかったとか、どうでもいいわけじゃないけど、それより海中は確実に被害受けてるんじゃないかと。仮に破壊されてなかったとしても異物が飛び込んできたわけでしょ。自分がされたらどうなのかと。自国が…