読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるかニライ・カナイ

はるかニライ・カナイ成長過程の子どもは灰谷健次郎の作品を読んだらいい。私は大人になってから「太陽の子」を初めて読んだけれど、もっと早く読むべきだった。教科書にたくさん載ればもっといい。これは一見ありがちな、都会の子が島に来てかわっていく話…

高慢と偏見

高慢と偏見 次々ページをめくらせるテンポの良さとキャラクターの立ち方が見事。姉妹の個性が若草物語と似ているのは、4〜5姉妹ってどこもこういう感じなんだろうか? 恋愛模様よりも、父さんとシャーロットの何かを諦める事によって楽しみを見出すような人…

リンダリンダリンダ

監督 山下敦弘 出演 ペ・ドゥナ, 前田亜季, 香椎由宇, 関根史織 すっごく良かった。ノスタルジーなんかに浸ってらんないくらい。ペ・ドゥナの歌がいい具合で、それよりBaseBallBearのベーシスト望役の関根史織は切りっぷりが素敵だったし、でもでもme-ismの…

鏡の法則

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール すてきな旦那さまと子どもと親に囲まれて A子の足りないっぷりが悲惨・・・ どーやって感動すんじゃこりゃ。これさえ読めば何もかも解決するそうですが、しないね。しない。この手の話は毎度ちんぷで苦手。で…

経験したことのない痛みは解るのだろうか

95年沖縄少女暴行事件を題材にした長編映画が沖縄ロケを終えた。監督は在米の日本人女性。年末から米映画として世界の映画祭に出品していく予定。 間違いなく米よりの映画になるんじゃないかと。何故そう思うかって、復習のため15歳になる兵士の子を拉致し、…

ゲド戦記

長いことずっと思ってきた。劇場でモノを食らう人は病なんじゃないかと。たった2時間ぐらいの空腹が辛抱できないなら観なきゃいいのに。家でビデオでも観ながら寝ながらグチャグチャ食らってればいいのに。食べながら観たいなら握り飯とかパンとか食らえば…

無意識下の被害者的傲慢

今週、妻が浮気します 今さらだけど、OKwaveの「今週妻が浮気します」を読んだ。回答のみですが。読み終えてビックリ。どう考えたってこうなるのが1番良いんだけど、こんな解決があるんだって衝撃!人生まだまだ知らないことだらけですわ! 家族でもなんでも…

高感度なレズゲイ市場ですって奥さん

ツーリズムビジネス専門誌「WEEKLY TRAVEL JOURNAL」 「旅を彩る料理と酒」なんて連載コラムがあったりしてなかなかおもしろく読んでいる。これが時々おもしろ発言をしてくれてさらにおもしろい。「バックパッカーをターゲットに組み込め!」(うろ覚え)と…

文学という名の少女漫画

家に山積みされてた誰かの忘れ物、山田詠美著書を数冊読んだのち、その中の第30回女流文学賞受賞作「トラッシュ」について。こういう、主人公が顔が良くて優しくてお洒落な仕事してて男うけがよくてモテるのに真面目な恋愛してて何故か必ずといってよいほど…

バーバー吉野

バーバー吉野 ネタバレな挙句、作品とは何の関係もない話。 ものすごい演劇臭の中、閉じた村社会を除き見ているつもりが懐かしさにやられちゃう映画。"元こども"なら覚えがある空気に溢れている。これは思いやりをもって解決という単純で綺麗な話だが、本来…

白い犬とワルツを

白い犬とワルツを 生前の志を受けとってくれる人がいるってなんて幸せだろう。約束はあるけど。簡単なことじゃないし、年齢的にも厳しいし、下手すりゃ自分の体も危ないし、周りの人間にも迷惑をかけるし、なによりもう果たす相手はいないのに。でも、残りの…

麥兜 菠蘿油王子

マクダル パイナップルパン王子 香港て街の情緒をモロに食らう。成長時のエネルギーとは全く違う廃退感がすごくリアルで、都市の開発と再開発ってモンを改めて考えさせられる。事件とか危機とかじゃ無しに自然に街に染み込んでしまった何か。家でマッタリ見…

ホテル・ルワンダ

公開が実現した1月から4ヵ月!待ちに待って待ちすぎた。ホテル・ルワンダ。署名運動の頃から追っていたけれど、日本で公開が決まっていないムービーって情報を仕入れる機会が極端に少なくなる。そんな中で、これは絶対に我国でも上映するべき映画だ!と運動…

まき毛の彼女

まき毛のキミに捧ぐ 問 犬は地球に帰るだろうか。 答 帰らないだろう。 問 犬は宇宙で死ぬだろうか。 答 そうだ。 問 犬は人工衛星の中で殺されるのか。 答 それはいえない。 1957,11/5 デイリーミラー紙 いつものMy Bibleで話が出て急に思い出した。SINRA…

FFXI プルゴノルゴ島

FINAL FANTASY XI。 初日の出

ピアノマン

十代の頃、ビリー・ジョエルのピアノマンを初めて聞き、頭の中に鮮明に映しだされた絵に驚いた。茨木のり子の「六月」とどこか似ている。 Pianoman / Billy Joel 土曜の九時になると、いつもの連中が集まってくる そばに座った爺さんが、ジントニックを楽し…

今があしたと出逢う時

那覇祭りですごい熱気に包まれた10月の3連休。そんな中どうしても譲れなかったのは「40 years of singing 加藤登紀子コンサート Now is the time〜今があしたと出逢う時〜」 この島で会えるなんて! この人に惹かれたきっかけは夫の故藤本敏夫さんだった。日本…

森の中の淑女たち

うっかりパンフレットを発見してしまった。即購入! 十年近く不動のNo.1。未だ、これを超える作品に出合ったことはない。老いへの恐怖が憧れに変わる、そんな貴重な体験をさせてくれた。 マンハイム国際映画祭グランプリ 原題 The Company of Strangers 1990…

はるさん マイ ラブ

はるさんマイラブ―離婚したので犬を飼うことにした 数ヶ月の間、はるさんとご主人にとても励まされてきました。身辺がバタバタし、ご迷惑や心配をかけた人もいるかと思います。その節はみなさんお世話になりました。感謝。独りで暮らすにあたって、ずっと不…

奇跡の海

1996年 デンマーク / 監督・脚本 ラース・フォン・トリアー / 出演 エミリー・ワトソン / カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ 奇跡の海 1970年代のスコットランド・高地地方の海沿いの荒野。本当の意味で純粋ってのは賢いってことばからずっと遠いところ…

カクテル・パーティー

作家、大城立裕さんの芥川賞受賞作品「カクテル・パーティー」(1967)がレジー・ライフ監督によって映画化される。民族意識などを題材にした社会派作品で数々の賞を受賞するライフ監督。2007年公開予定。映画は現代版にアレンジ。復帰前も後も米軍と沖縄をめ…

三月のライオン

1991年 日 / 監督 矢崎仁司 三月のライオン 兄と妹がいた。 妹は兄をとても愛していた。 いつか、兄の恋人になりたいと、心に願っていた。 ある日、兄が記憶を失った。 妹は、兄に恋人だと偽り、病院から連れ出した。世間体や常識や打算に捕らわれず、形振り…

勝手に線引きした「普通」の外にいる自分にウットリする人

59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋 書籍化された「アルテイシアの日記」をただ読みすべく職場で騒いでmixiに(無理やり)招待させた。 今までmixi断っていた方々ごめんなさい。 ああいうアピりあいコミュニティ絶対無理だと思ってたけど、意外と楽しい。 …

FFXI プロマシアの呪縛

FINAL FANTASY XI。プロマシア参入&エプロン記念

コーカサスの虜

1996年 ロシア / 監督 セルゲイ・ボドロフ コーカサスの虜(とりこ) 不動のベスト5のひとつ。カンヌ映画祭国際映画批評家連盟賞・観客賞受賞作。トルストイ『コーカサスの捕虜』を、舞台を現代のチェチェン紛争に置き換えた。戦争を扱う映画は制作費ばっかり…

FFXI スターオニオンズ団 後篇

FINAL FANTASY XI。敵襲! 敵襲〜! 今度は、ナナ・ミーゴとともに、水の区に住む商人ホノイゴモイがやってきた。どうやら、あの魔導球は、彼が資金提供しながらナナ・ミーゴに探させていたものらしい。しかし魔導球はジョーカーの中。なにか策はないものか…

FFXI スターオニオンズ団 前篇

FINAL FANTASY XI。 ネタバレ。ウィンダスミッションと深く関わるスターオニオンズ団。いや彼らがいなければ、ミッションそのものがなかったことになったはず。ピチチちゃんは偉大。 「正義と勇気とタマネギと!愛と夢のあるカギシッポ! ぼくら、正義のイチ…

ポケットの中の赤ちゃん

講談社児童文学新人賞受賞作品 ポケットの中の赤ちゃん 児童文学と侮ってはいけない。ストーリーは、「私」が「ある子ども」と過ごすことによって、「あるコト」を知っていくというもの。「大切なものは目に見えない」 サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」と同…

Porco Rosso

1992年 日 / 監督 宮崎駿 / 主題歌 「さくらんぼの実る頃」「時には昔の話を」加藤登紀子 紅の豚 宮崎駿監督の作品で一番好き。登紀子さんのさくらんぼの実る頃フレンチバージョンでいきなり萌え死にそうになるけどそれだけじゃない。世界恐慌真っ只中のアド…

フライド・グリーン・トマト

1991年 米 / 監督 Jon Avnet / 原作 Fannie Flagg / Idgie Mary Stuart Masterson / Ruth Mary Louise Parker / Ninny Jessica Tandy フライド・グリーン・トマト 何年も不動のNo.2の名作。一昔前に比べれば現代人のほうが何不自由なく暮らしていて教養も高…

FFXI 最果てにて君を待つ闇

FINAL FANTASY XI。 ズヴァール城にて あれから一年。みんなと一緒に遂に闇王戦。

FFXI ホルレーの岩峰

仕事の関係で、FINAL FANTASY XIをはじめる。真ん中の半裸がおら。ウィンダスミッション「三大強国」を終えて。