あきらめるなんて死ぬまでないから

打算に埋もれた日々

会う度に嫌な気持ちになってしまう人がいる。最初からそういう人もいるし、いつの間にかそうなる人もいる。知人でも友人でもパートナーでもそうなる。会う度に昔と変わらず楽しくてたまらない人もいる。何が違うんだろう。瞬発力が高くないから瞬間的に嫌だ…

ダメ出し

悪気無く娘のためを思ってくれていることも重々伝わるのだが、ダメ出ししかされないと気が滅入ってしまう。あまり褒められた記憶がない上に言葉の端々から評価の低さが伺えてしまうのも一因。確かに困らせてばかりの子供時代だった。おらは深刻でない程度の…

お習字

仕事に必要と言うことで、数年かかった重い腰を上げて、大人の手習い始めました。とにかく書き順を知らなくてびっくりした。三十年ぶりの習い事楽しいな。新たな試みで終わる八月。

善意への非礼

義弟(夫弟)家のお宮参りに母と招かれた。夫は仕事で、母が招かれたのは恐らく出産祝いでそれなりの額を包んだから。お宮参り後、義弟家へ移動し食事会。四脚のダイニングテーブルに義弟夫婦、義両親が座り、私と母は床。冷たいフローリングに正座して、小さ…

噛みあわない人

ネット上でたまに見かけるやりとり。読後の疲労に既視感を覚え、弟との会話とそっくりなんだと思い当たる。話の内容ではなく、この論調や展開。 この相談は<育児中の嫁が家事まで手がまわらない。「グズやなー」と言いながら俺が家事をすると「気遣いでなく…

認めて

おらは自身を恥じたことはない。多数派だから偉いとか普通とか思ったこともない。生きにくかったこともない。この国ではむしろ生きやすい。支援も賛同も欲しくない。だって誰よりも自分で認めてるから。 「認めて」ってそういうことだよね。自己肯定できない…

抑止力

昨日の続き。もうひとつ分かったこと。もし一つだけ願いが叶うなら。歴史を一つ変えられるとしたら。こんな質問に本気で向き合ってみたら分かったこと。 現段階で核兵器やそれに代わるものをを最悪だと思っていたとして、それを排除した世界はどうなっている…

多様性

ずっと知りたかった答えが開けて繋がっていく。思考が壁にぶつかったときは原点に帰る。遡っていくと、私たちは何のために在るのかにたどり着く。思いつくのは種の存続のため。といっても人類はこの星の癌だと思っているし、種の存続に関わるつもりもない…こ…

情けは人の為ならず

友人が弱ってたら手を貸したいし、頑張ってたら応援したい。自ら首を突っ込んだり、本人のためにならんことはしないけど。助けを求められたとき、または必要だろうと感じたとき、自分にできることがあるならやりたい。それは青いころから変わらない。そして…

スケープゴート

何年も何を長々とつづってきたんだろう。「スケープゴート(生贄)」という言葉を知った。いや、前から耳にしてはいたんだけれど、自分の体験と近いケースでその単語を聞いた。うまく吐き出せずにきたことがこの一言で片付く。おらは、誰かをスケープゴート…

体裁を取り繕う

誰にも、おらにも長所短所がある。短所っていったって、悪気ないこともあれば、成長過程で変わってくこともある。完璧な人ってどういう人を言うのかも分からんが、そんな人はいないんだ。 それを分かった上で越えられない壁が生理的嫌悪ってやつじゃなかろう…

ここまで

社会に対して最初に疑問を持ったのは、小学校の授業中だった。食物連鎖の食物ピラミッドをみたあと、別の授業で少子化の人口ピラミッドをみた。片や人類が多すぎると言い、片や子どもが足りないと言う。でどっちよ?と思ったのを覚えている。 管理教育全盛期…

忘れないこと

優しさ、人を想いやるということ、選択とその自覚、そして覚悟。よく考えたい。 どんなに手を伸ばしても届かないものに焦がれ泣き暮らすのはやめよう。何かにつけ、放っておくとすぐこれにはまってしまう。残念ながらおらの人生には縁のないものだったと、す…

能力リスト

みんな大好きChikirinさんが、未完の「能力リスト」なるものを書いていたので、現時点で把握している自分の得手不得手に分けてみた。おらの弱いとこは昔からどうしようもない。こうやって比べればトントンてとこなんだろうか。それとも圧倒的に弱点のが痛い…

西暦

西暦がイエス・キリストの生まれた年だったことをふと思い出し、言いようの無い気持ち悪さに襲われている。そんなもん無縁でいたいのに… 食糧生産革命により、文明が誕生した。頭を使わねば生きていけない風土で。世界史では、文明の発生をことの始まりとし…

男の何が嫌いかといえば、男性優位社会で男として育てられていることというのが大きな理由でもあるけれど、それをジェンダーというのだと言われ、ああなるほどと思ったり。 おらが突飛なことというか、周りとの差についてふと思い当たった。男性優位社会で、…

自分を守るために、わたしを犠牲にする人は要らない

今回起きたことを無駄にしないためにも、いつか家族を持つためにも、過去の振り返りを含めまとめておきたい。 この絶妙なタイミングで、こんな記事を読んだ。引用する必要がないほど、タイトルが全てを表している。気持ちを代弁してくれたようで嬉しかった。…

居場所

一番大事なこと

人生で一番大事なこと、なんですか? 夢とか、仕事とか、家族とか、我が子とか、ステイタスとか、貯金とか、趣味とか。代わりの利くこと、利かないこと。拾われるもの、捨てられるもの。 今やっていることは、選んだ土地で居を構え、夢を実現していく、その…

直感

「なぜ急に」と聞かれても、答えられない。ただ、そこへ行こうと具体的に思えるきっかけと瞬間がある。それに鈍感になりたくない。理由はそれだけ。 訪れたい地の候補がたくさんあって、より思いの強い場所から順番に塗りつぶしていく。おらはそういう種類の…

常時応戦状態

聡子先生と久々に長電話。ありがたい助言をたくさんいただく。 「生きるのがしんどいなら改善。しんどくないなら問題ない」ていうのは、他にも多くの人から聞いたんだが、よい機会だったので改めて振り返る。 しんどくないと思ってきたから、剥き出しにして…

そうだ、葉っぱを売ろう

みんな何者かになりたいという。何かを残したいという。富を得たいという。おらは何者にもなりたくない。何も残したくない。ただ、生まれてこのかた地球にかけた負荷を、なんとか相殺して死んでいきたい。可能なら、この体は無駄に燃やしたりせず、そのまま…

依存とは

あるきっかけで、信田さよ子の共依存に関する本を読んだ。そこで偶然にも、何かが紐解けた感があったので、思いつくままつらつらと。 まず、依存というものをよく理解できていなかった。例えばアルコール依存症とは、禁断症状がでる人のことだと思っていた。…

冷たい人間

震災からもうすぐ一ヶ月経つ。ここ最近はテレビも不愉快でみたくなかったし、人の声もあまり聞きたくなかった。ただ、おらは冷たい人間なんだろうと、もしくは思考が一般的ではないんだろうと、改めて知ることになった。多くの被害、多くの悲しみ、心を痛め…

自覚

傷ついたことを自覚するのに、いつも時間がかかる。消化不良のものを数ヶ月持ち歩き、ときどき思い出したりするうちに、やっといらっとしたんじゃなく傷ついたのかと思い当たる。 相談を持ちかけ、回答が意にそぐわなければ不満を述べるのはなぜだろう。しか…

高江を含むさまざまな地域によせて

久しぶりに朝っぱらからわんわん泣いた。みんな頑張っているのに私はなにもできない。今までは仕事があるから直接なにもできなかった。でも今は時間がある。それなのになにもできない。年をとっても寒くても雨でも、それでも体をはっている人がたくさんいる…

だから私はきらわれる

人との関わりについて小うるさく思うことあれこれ。 ひとつ。年が明けると考えることがある。私はクリスマスやバレンタイン商戦というものを嫌悪しているのと同様に、年始の挨拶についても、いずれ年賀葉書という形をとらなくなるだろう、という前置き付きで…

ふつうに生き物っちゃ生き物なんかもしれない

いつからか、雨の日に登校できない人になっていた。さらに、単位とやらが足りていれば進級や卒業は可能と知った十五歳以降は、冬季はあまり登校しなくなった。社会に出て二度目の冬に退職届をだし、以降、二月は東南アジアで過ごした。盆が過ぎると襲ってく…

大地と体

昨日は天気がよかったので、ひさしぶりに一日庭にいた。我が家は生垣が未完成のため、庭仕事は人目につく。となると、とんでもなく非効率なことをしている私が目につくことになる。その日はずっと芝をはがしていた。整った庭は必要ないから。半日で一畳ある…

躁うつと内臓

MRIを終え、おらの内臓写真を晒している。グロいので苦手な方はみないで。 さて、あれよあれよという間に休職となった。で、一週間ほどたった今振り返ってみると、どちらかというと私生活で数年前から多くのいざこざがあり、こんなに立て続けに負荷をかけて…